NEWSニュース

2022.09.02 STRAYM

アナログとデジタルの境界を自由に往来するパイオニア的存在の日本人アーティスト「HIRO SUGIYAMA(ヒロ杉山)」の貴重な作品が本日19:30より出品開始!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日19時30分より、下記作品の販売が開始いたしますので、お知らせいたします。
アナログとデジタルの境界を自由に往来するパイオニア的存在の日本人アーティスト「HIRO SUGIYAMA」作
【The Scream】

■作品情報
タイトル   The Scream
アーティスト HIRO SUGIYAMA
制作年    2022年
販売開始価格 715,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明『The Scream』~
人々の脳裏に浸透した名画やアメコミなどにフォーカスし2021年に発表した「ブラックペインティング」は、長いキャリアを持つヒロ杉山にとっても新たな評価と高い支持を獲得したシリーズとなった。
今回はストレイムのためにスペシャルな作品を制作。

90年代頃から絵画において抽象度を上げる行為に魅力を感じた杉山は、具象的なモチーフの情報をどこまで削っていくとその具象は抽象になるのかをテーマに繰り返しこのような作品を制作。

辿り着いた表現方法はシルエットの中に描かれていた絵筆のタッチとカラーの情報を、色を使わずに黒い絵の具の塗り重ねられた凹凸を使い、光と影とで再現すること。
そこに元々あったカラーの情報を、黒の絵具だけで見る側に想像させるという意図があり、具象と抽象の曖昧な境界線が楽しめるとても貴重な作品。

~アーティスト情報『HIRO SUGIYAMA』~
東京生まれ。東洋美術学校卒業後、「ヘタウマ」と称されるイラストレーター湯村輝彦氏に師事。その後独立し、1989年に谷田一郎氏と「近代芸術集団」を、1997年にグラフィックアートユニット「Enlightenment(エンライトメント)」を結成。
国内外問わずファインアートの展覧会で作品を発表する一方、グラフィックデザイン、広告など幅広いジャンルで独創的な作品を発表しつづけている。
さらにPV制作やVJ活動など映像分野での評価も非常に高く、TEI TOWA、三代目J SOUL BROTHERS、EXILE、m-flo、安室奈美恵、BOA、少女時代などへライブ映像を提供している。日本はアートとデザインとの境界のない国だと言われることが少なくないが、横尾忠則、空山基、田名網敬一のような大御所アーティストのように、そのアートとデザインの境界を自由に往来するパイオニア的存在の日本人アーティストの一人と言える。

作品購入ページはこちら
https://straym.com/art/87

お申込みがまだの方はこちら
https://straym.com/sign_up

< ニュースに戻る