NEWSニュース

2021.06.10 STRAYM

【販売告知】世界中で絶大な人気を誇る「水玉の女王」『草間彌生(Yayoi Kusama)』による作品が販売決定!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たな作品の取り扱いが決定いたしました。
世界中で絶大な人気を誇る「水玉の女王」『草間彌生』作
《Self-portrait(自画像)》

■作品情報(1)
タイトル   Self-portrait(自画像)
アーティスト 草間彌生(Yayoi Kusama)
制作年    1982年
販売開始価格 2,420,000円
購入価格   1枠 / 100円〜


~作品説明《Self-portrait(自画像)》~
草間作品の代表的な水玉模様や網目模様のモチーフ作品ではなく貴重な自画像の紹介です。画家が自ら描く自分自身の姿「自画像」は、まさに画家の分身ともいえる存在です。最も身近なモデルとして人体表現の研究や自己の内面を深く掘り下げる手段として、多くの画家たちが自画像を手掛けてきました。ポーズや表情、服装や持ち物、背景はどのようにするか。写実性を重視するのか、デフォルメした表現を選択するのか。一口に自画像といっても描き方や演出方法はさまざまです。自画像には、それぞれの画家たちの心の内や制作の姿勢が色濃く表れます。本作品は限定数のあるリトグラフで、一つ一つの作品に対して草間自ら作品の上下にコラージュを施している1982年制作の珍しい作品です。

~アーティスト情報『草間彌生(Yayoi Kusama)』~
1929年長野県松本市生まれ。
現代アーティスト・作家・デザイナーとして日本を代表する前衛芸術家の一人。
幼少より幻視や幻聴を体験し、その体験から水玉模様や網目模様をモチーフとした幻想的な絵画を制作する。
これらの模様は草間の代名詞となり「水玉の女王」と称されることが多い。様々なオブセッションを乗り越え、単一モチーフの強迫的な反復と増殖による自己消滅という芸術哲学を見出している。
1957年に単身渡米し、細かい網目模様を巨大な画面に描くネット・ペインティングや、男性器をモチーフにしたソフト・スカルプチャー、鏡や電飾を使ったインスタレーションやハプニング、ボディ・ペインティングなど様々な作品を発表し1960年代ニューヨークのアートシーンで重要な役割を果たす。
1973年に活動拠点を東京へ移す。1993年ヴェネツィア・ビエンナーレに日本代表として参加する一方で映画製作や新聞の発行などメディアを使った表現もおこなう。
94年より野外彫刻を世界中で手がけ、その作品が街中で見られるようになる。
以後も精力的に活動を続け、次々に新作を発表。2014年には世界で最も人気のあるアーティスト(『アート・ニュースペーパー』紙)に2016年には世界で最も影響力がある100人(『タイム』誌)に選ばれ、同年に文化勲章受章。2017年には自分の名前を冠した美術館をオープンするなど、抜群の人気を誇っている。

お申込みがまだの方はこちら

販売開始の日程は、以下のスケジュールをご確認ください。
▼今後のスケジュール▼
2021年6月10日(木) 追加作品公開
2021年6月17日(木)19時30分 販売開始

2021.05.28 STRAYM

【販売開始】廃材となったダンボールを魔法のようにコラージュ作品へ昇華させる沖縄を拠点とするアーティスト『儀間朝龍(Tomotatsu Gima)』による2作品が本日19:30より販売!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日19時30分より、先日告知いたしました下記作品の販売が開始いたしますので、お知らせいたします。
廃材となったダンボールを魔法のようにコラージュ作品へ昇華させる沖縄を拠点とするアーティスト『儀間朝龍』作
《AIR JORDAN 1 RETRO HIGH Travis Scott》《CORTEZ KENNY Ⅲ Kendrick Lamar》

■作品情報(1)
タイトル   AIR JORDAN 1 RETRO HIGH Travis Scott
アーティスト 儀間朝龍(Tomotatsu Gima)
制作年    2021年
販売開始価格 420,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

■作品情報(2)
タイトル   CORTEZ KENNY Ⅲ Kendrick Lamar
アーティスト 儀間朝龍(Tomotatsu Gima)
制作年    2021年
販売開始価格 420,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《AIR JORDAN 1 RETRO HIGH Travis Scott》《CORTEZ KENNY Ⅲ Kendrick Lamar》~
儀間作品の最大の特徴である廃材となったダンボールを水に浸けて糊を溶かし一枚一枚を丁寧に剥がしていくことで創り上げられる「POP COLLAGE」シリーズから生み出された、現在のカルチャーを知るためにはとても影響力の大きい「Travis Scott(トラヴィス・スコット)「Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)」というアメリカの2大HIPHOPラッパーモデルスニーカー作品で象徴的な2つのアートビース。
広く知られている商品のコラージュ作品を制作することで「流通」と「消費」というテーマを通じて、ブランドや商品を見つめるキッカケを作り、その背景にある影響を考えることを常に試みている。

~アーティスト情報『儀間朝龍(Tomotatsu Gima)』~
1976年沖縄県生まれ
海と山に囲まれた自然豊かな環境の中、日本とアメリカの漫画やポップアートの影響を強く受け育つ。幼い頃より造形作業に長け、高校では油絵を専攻。
ピーター・ブレイク、ロイ・リキテンシュタイン、そしてアンディ・ウォーフォルらに強く影響を受ける。
大学時代には広く絵画を勉強しようと、日本画とシルクスクリーンを学ぶ。
卒業後は東京とNYに住みイラストレーター、画家として制作活動を行うが、 同時に環境問題にも興味を抱くようになり、絵の具を使うことに疑問を覚えるようになる。2005年沖縄に戻る。
2006年より、県内で一番大きな市場近くにアトリエを構え、新たな境地で制作を始める。日本の南の小さな沖縄という島に、アメリカや南米、中国、フィリピン、タイ、南アフリカ、そしてヨーロッパなど世界中から肉や酒などの食料品、そして日常生活品が届いていることに気付き、世界と繋がっているのを認識し「流通」と「消費」の影響、そしてゴミになるまでのシステムを知ることになった。好んで廃材を使って製作していたこともあり、毎日山のように捨てられるダンボールを使って何か出来ないかと試行錯誤を行う。
2009年のある日、雨に濡れたダンボールの端を見ると層になっていた紙が剥がれていることに気づき、その後ダンボールを水に浸けて糊を溶かし一枚一枚に剥がすことが可能なのを発見する。以降その紙を使ってドローイングなどを行うが、ノートや封筒などのステーショナリーを作ることを思い付く。製法を「SIMPLE PAPER MADE」と名付け、広く伝えようと決め、2011年にデザインステショナリーブランド「rubodan」を立ち上げ、商品販売を行う。また、沖縄を拠点に東京やサモア、タイ、フィリピン、インドネシアなどアジアの国々でも製法を広めるためのワークショップや商品開発に関わる。
2014年よりダンボールの表面のプリントされたロゴやカラーを色紙として使用し、[ POP COLLAGE ] と名付けたコラージュ制作を行う。ダンボールに入れられて、移動して届いた商品をモチーフに制作を行う。ダンボールは全て破棄されたのを使用し、製作時に出たゴミもリサイクル可能なので、環境にも配慮した制作が行われている。

作品購入ページはこちら
https://straym.com/art/32
https://straym.com/art/33

お申込みがまだの方はこちら
https://straym.com/sign_up

2021.05.25 STRAYM

必見!今大注目のNFTアート、アートにおけるブロックチェーン技術の先頭を走るスタートバーン・施井代表がアート作品の共同保有サービス「STRAYM(ストレイム)」でアートの未来を語るインタビューを配信!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
本日、新たにコラムが配信されました。
今大注目のNFTアート、アートにおけるブロックチェーン技術の先頭を走るスタートバーン・施井代表がアート作品の共同保有術の先頭を走るスタートバーン・施井代表がアート作品の共同保有サービス「STRAYM(ストレイム)」でアートの未来を語るインタビューを前編後編にわけて配信いたします。
前編5月25日(火)に、後編を5月末日までに配信予定です。
また、STRAYMでは過去にもコラムを配信しております。
下記のリンクからご覧いただけます。

ヒロ杉山氏へのインタビュー https://straym.com/article/21031701
米原康正氏へのインタビュー https://straym.com/article/21041701

引き続きどうぞよろしくお願いします。

2021.05.21 STRAYM

【販売告知】廃材となったダンボールを魔法のようにコラージュ作品へ昇華させる沖縄を拠点とするアーティスト『儀間朝龍(Tomotatsu Gima)』による2作品が販売決定!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たに2作品の取り扱いが決定いたしました。
廃材となったダンボールを魔法のようにコラージュ作品へ昇華させる沖縄を拠点とするアーティスト『儀間朝龍』作
《AIR JORDAN 1 RETRO HIGH Travis Scott》《CORTEZ KENNYⅢ Kendrick Lamar》

■作品情報(1)
タイトル   AIR JORDAN 1 RETRO HIGH Travis Scott
アーティスト 儀間朝龍(Tomotatsu Gima)
制作年    2021年
販売開始価格 420,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

■作品情報(2)
タイトル   CORTEZ KENNYⅢ Kendrick Lamar
アーティスト 儀間朝龍(Tomotatsu Gima)
制作年    2021年
販売開始価格 420,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《AIR JORDAN 1 RETRO HIGH Travis Scott》《CORTEZ KENNYⅢ Kendrick Lamar》~
儀間作品の最大の特徴である廃材となったダンボールを水に浸けて糊を溶かし一枚一枚を丁寧に剥がしていくことで創り上げられる「POP COLLAGE」シリーズから生み出された、現在のカルチャーを知るためにはとても影響力の大きい「Travis Scott(トラヴィス・スコット)」「Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)」というアメリカの2大HIPHOPラッパーモデルスニーカー作品で象徴的な2つのアートビース。
広く知られている商品のコラージュ作品を制作することで「流通」と「消費」というテーマを通じて、ブランドや商品を見つめるキッカケを作り、その背景にある影響を考えることを常に試みている。

~アーティスト情報『儀間朝龍(Tomotatsu Gima)』~
海と山に囲まれた自然豊かな環境の中、日本とアメリカの漫画やポップアートの影響を強く受け育つ。幼い頃より造形作業に長け、高校では油絵を専攻。ピーター・ブレイク、ロイ・リキテンシュタイン、そしてアンディ・ウォーフォルらに強く影響を受ける。 大学時代には広く絵画を勉強しようと、日本画とシルクスクリーンを学ぶ。卒業後は東京とNYに住みイラストレーター、画家として制作活動を行うが、 同時に環境問題にも興味を抱くようになり、絵の具を使うことに疑問を覚えるようになる。2005年沖縄に戻る。2006年より、県内で一番大きな市場近くにアトリエを構え、新たな境地で制作を始める。日本の南の小さな沖縄という島に、アメリカや南米、中国、フィリピン、タイ、南アフリカ、そしてヨーロッパなど世界中から肉や酒などの食料品、そして日常生活品が届いていることに気付き、世界と繋がっているのを認識し「流通」と「消費」の影響、そしてゴミになるまでのシステムを知ることになった。好んで廃材を使って製作していたこともあり、毎日山のように捨てられるダンボールを使って何か出来ないかと試行錯誤を行う。 
2009年のある日、雨に濡れたダンボールの端を見ると層になっていた紙が剥がれていることに気づき、その後ダンボールを水に浸けて糊を溶かし一枚一枚に剥がすことが可能なのを発見する。以降その紙を使ってドローイングなどを行うが、ノートや封筒などのステーショナ リーを作ることを思い付く。製法を「SIMPLE PAPER MADE」と名付け、広く伝えようと決め、2011年にデザインステショナリーブランド「rubodan」を立ち上げ、商品販売を行う。また、沖縄を拠点に東京やサモア、タイ、フィリピン、インドネシアなどアジアの国々でも製法を広めるためのワークショップや商品開発に関わる。
2014年よりダンボールの表面のプリントされたロゴやカラーを色紙として使用し、[ POP COLLAGE ] と名付けたコラージュ制作を行う。ダンボールに入れられて、移動して届いた商品をモチーフに制作を行う。ダンボールは全て破棄されたのを使用し、製作時に出たゴミもリサイクル可能なので、環境にも配慮した制作が行われている。

お申込みがまだの方はこちら

販売開始の日程は、以下のスケジュールをご確認ください。
▼今後のスケジュール▼
2021年5月21日(金) 追加作品公開
2021年5月28日(金)19時30分 販売開始

2021.05.18 STRAYM

【サービスアップデート情報】各作品のOWNERSのアイコンをアップデート!オーナー権の保有率に応じてアイコンの枠色が変化します

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
この度、STRAYMにて各作品のOWNERSに表示しているアイコンをアップデートいたしました。





OWNERSとは各作品の詳細ページにて、現在その作品のオーナー権を保有されている方のアイコンを表示している箇所でして、今回そのアイコンに新しく枠が付与されており、その作品のオーナー権の保有率に応じて、アイコンの枠の色が変化いたします。

また、保有アート一覧を公開されている場合、こちらのアイコンをクリックすることで、その方がSTRAYMで所有している他のアートも見ることができますので、ぜひ併せてお楽しみいただければと思います。

引き続きどうぞよろしくお願いします。

2021.05.18 STRAYM

【販売開始】国内注目度が最も高いアーティストの一人「KYNE(キネ)」の新たな作品が本日19:30より販売!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日19時30分より、先日告知いたしました下記作品の販売が開始いたしますので、お知らせいたします。
作品 福岡のストリートから世界へ。オークションの顔となった最注目のアーティスト。『KYNE(キネ) 』作、《Untitled N》

■作品情報
タイトル   Untitled N
アーティスト KYNE(キネ)
制作年    2021年
販売開始価格 1,100,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《Untitled N》~
2021年に入ってから開催された個展で発表された「KYNE」の代表的な世界観である不思議な魅力に満ちた女性達を描いた50枚限定のシルクスクリーン作品。

~アーティスト情報『KYNE(キネ)』~
1988年生まれ。福岡県出身。 学生時代から人物デッサンに興味を持つとともに、ストリートアートとしてスプレー缶で写実的な人物画を描くようになり、その後、日本画を学ぶ。
福岡を拠点に2006年頃からグラフィティアーティストとして活動を開始。 そのエッセンスをストリートアートに落とし込もうと、平面の世界観でモノクロの人物画を描くようになった。
そのポートレート画をステッカーにして、あらゆる場所に貼っていく中で徐々に認知度が上がり、活動拠点である福岡のストリートから頭角を現すようになった。
2010年頃にクールな表情の女性を描く現在のスタイルを確立。
1980年代の大衆文化を独自に解釈し生まれたKYNEのアートは、ファインアートの世界でも評価が高まるようになり、
2018年11月に開催された国内最大のSBIアートオークションで、予想落札価格40〜60万円に対し、500万円超えで落札された。
出品された3作品はいずれも予想価格の10倍を越え、オークションの顔の一人になるなど、国内アートマーケットではBanksyも超えるほどの注目を集めている。
最近では「SOPH.」をはじめとするアパレルブランドとのコラボ作品や、CDジャケットのイラストなども手掛け、ストリートだけでなく、海外を含む多くのギャラリーや作品展も開催、
大手新聞社主催の広告金賞を受賞するなど国内外で注目を集め続け活動範囲を広げている。
ファッション界、アート界、芸能界などにも多くのコレクターがおり、今後、更なる飛躍が期待されるストリート上がりのアーティストである。

作品購入ページはこちら
https://straym.com/art/31

お申込みがまだの方はこちら
https://straym.com/sign_up

2021.05.11 STRAYM

【販売開始】国内注目度が最も高いアーティストの一人「KYNE(キネ)」の新たな作品が販売決定!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たに1作品の取り扱いが決定いたしました。
作品 福岡のストリートから世界へ。オークションの顔となった最注目のアーティスト『 KYNE(キネ) 』作、『 Untitled N 』
■作品情報
タイトル   Untitled N
アーティスト KYNE(キネ)
制作年    2021年
販売開始価格 1,100,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《Untitled N》~
2021年に入ってから開催された個展で発表された「KYNE」の代表的な世界観である不思議な魅力に満ちた女性達を描いた50枚限定のシルクスクリーン作品。

~アーティスト情報『KYNE(キネ)』~
1988年生まれ。福岡県出身。 学生時代から人物デッサンに興味を持つとともに、ストリートアートとしてスプレー缶で写実的な人物画を描くようになり、その後、日本画を学ぶ。
福岡を拠点に2006年頃からグラフィティアーティストとして活動を開始。 そのエッセンスをストリートアートに落とし込もうと、平面の世界観でモノクロの人物画を描くようになった。
そのポートレート画をステッカーにして、あらゆる場所に貼っていく中で徐々に認知度が上がり、活動拠点である福岡のストリートから頭角を現すようになった。
2010年頃にクールな表情の女性を描く現在のスタイルを確立。
1980年代の大衆文化を独自に解釈し生まれたKYNEのアートは、ファインアートの世界でも評価が高まるようになり、
2018年11月に開催された国内最大のSBIアートオークションで、予想落札価格40〜60万円に対し、500万円超えで落札された。
出品された3作品はいずれも予想価格の10倍を越え、オークションの顔の一人になるなど、国内アートマーケットではBanksyも超えるほどの注目を集めている。
最近では「SOPH.」をはじめとするアパレルブランドとのコラボ作品や、CDジャケットのイラストなども手掛け、ストリートだけでなく、海外を含む多くのギャラリーや作品展も開催、
大手新聞社主催の広告金賞を受賞するなど国内外で注目を集め続け活動範囲を広げている。
ファッション界、アート界、芸能界などにも多くのコレクターがおり、今後、更なる飛躍が期待されるストリート上がりのアーティストである。

お申込みがまだの方はこちら

販売開始の日程は、以下のスケジュールをご確認ください。
▼今後のスケジュール▼
2021年5月11日(火) 追加作品公開
2021年5月18日(火)19時30分 販売開始

2021.04.27 STRAYM

【販売開始】STRAYMで人気の高いアーティスト『KAWS』&『空山 基』の2作品が本日19:30より販売!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たに2作品の取り扱いが決定いたしました。
作品(1)ストリートカルチャーから美術史を塗り替えたアーティスト『KAWS (カウズ)』作、《URGE 4》
作品(2)“ロボットの春画”を描くハイパーリアリズムの巨匠『空山 基』作、《Sexy Robot Marilyn》

■作品情報(1)
タイトル   URGE 4
アーティスト KAWS (カウズ)
制作年    2020年
販売開始価格 1,200,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《URGE 4》~
KAWSのシグネチャー”CHUM”キャラクターを高品質スクリーンプリントにカラフルなバリエーションで描いた限定作品。作品にはKAWS直筆のサイン、ED番号が記載されている。

~アーティスト情報『KAWS (カウズ)』~
1974年、ニュージャージー生まれ。1990年代初頭にNYへ移ったあと、グラフィティ活動をはじめる。
バスの待合所や公衆電話ボックスに設置されたビルボード広告に両目が「XX」になったキャラクターをゲリラ的にペイントしたストリートアートは探され盗まれるほどの人気となる。
日本のストリートカルチャーにも深く関わりもち、1999年、日本のアパレルブランド「HECTIC」と「Bounty Hunter 」によって「COMPANION」というタイトルの立体作品を初リリース。
その後、「COMPANION」はフィギュアだけでなく、巨大なスカルプチャー作品として世界中に展示される。
アート・トイの成功によりファッション業界で注目を集め、「A BATHING APE BAPE」「NIKE」「COMME des GARÇONS」「SUPREME」「UNIQLO」「Dior」といった人気ブランドとコラボレーションを展開。
UNIQLOとのコラボTシャツでは、オンライン販売が即完売し確保できなかった人たちが店頭に押し寄せ暴動になるなどカルト的な人気を誇る。
2010年代後半からアート界から注目を集め、マーケットで急激に価格が高騰しはじめた。
2019年4月、Sotheby’s香港で開催されたオークションでは、予想価格の約20倍である約16億4700万円(115,966,000 HKD )で落札するなど、その価値は年々上昇している。
昨今、キース・ヘリングのようなグラフィティ・シーンや、アンディ・ウォーホルのようなポップ・アーティストと同じ文脈として語られ、KAWSのペインティングやドローイングまたスカルプチャーが、様々な美術館やアートギャラリーで展示され、世界的にその名が知られている。

■作品情報(2)
タイトル   Sexy Robot Marilyn
アーティスト 空山 基 (Hajime Sorayama)
制作年    2017年
販売開始価格 530,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《Sexy Robot Marilyn》~
2016年に開催された個展「女優はマシーンではありません。でも機械のように扱われます。」で発表された空山が敬愛するアイコン、マリリン・モンローの肖像をロボットとして描き起こした限定作品。
展覧会タイトルは、実際にモンローが発言した言葉。

~アーティスト情報『空山 基 (Hajime Sorayama))』~
1947年愛媛県生まれ。 中央美術学園デザイン科卒業。
1970年代初頭より、その卓越した写実力による人体と機械の美を追求した作品で、国内外で伝説的な存在となっている「ハイパーリアリズムの巨匠」
エロティックかつメカニカルな造形で女性を描いた「SEXYROBOT」シリーズ(1978年〜)は、その後のロボットのイメージ形成に大きな影響を与え、世界的にその名を世に知らしめた。
米国版「ペントハウス」誌での特集や、1983 年に出版した作品集では、ロボットを描く過程を惜しげも無く図解し世界中に拡散、様々な国のアートスクールで教科書として扱われるようになった。その結果、空山作品の影響は日本のコマーシャルアートの枠を遥かに超え、ハリウッド映画から世界中のストリートアート、ファインアートまで多岐に渡るようになる。
1999年には「ソニー」が開発したエンターテイメントロボット「AIBO」のコンセプトデザインを手掛け、グッドデザイン賞グランプリ(通産省)、メディア芸術祭グランプリ(文化庁)を受賞。2001年には初代「AIBO」がスミソニアン博物館と「MOMA」のパーマネントコレクションに収蔵されるなど、その作品は世界的な評価を獲得している。
世界的ロックバンド、エアロスミスの「Just Push Play」(2001)のアルバムカバーデザインを手掛けたことや「ディオール(DIOR)」や「ディズニー(DISNEY)」などのビッグブランドともコラボレーションし、テスラ社のCEO「イーロン・マスク」などを顧客にもつ。また、エアブラシを駆使した写実表現技法のゴッドファーザーとしても、世界中のクリエイターから尊敬を集めている。

作品購入ページはこちら
https://straym.com/art/29
https://straym.com/art/30

お申込みがまだの方はこちら
https://straym.com/sign_up

2021.04.26 STRAYM

【お知らせ】GWのサービス利用可能時間につきまして(2021年度)

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

年末年始のサービス利用可能時間につきましては、下記のとおりです。
▼利用可能(通常通り)
対象サービス:オーナー権の売買(取引)/ユーザーアカウント登録

▼休止
2021/4/29(木)、2021/5/3(月)~2021/5/5(水)
└対象サービス:入金/出金/本人確認(口座開設)/お問い合わせ

休止期間内でも入出金申請やお問い合わせ等は可能ですが、
2021/5/6(木)以降、順次ご対応させていただきます。

宜しくお願いいたします。

2021.04.20 STRAYM

【販売告知】STRAYMで人気の高いアーティスト『KAWS』&『空山 基』の2作品が同時販売決定!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たに2作品の取り扱いが決定いたしました。
作品(1)ストリートカルチャーから美術史を塗り替えたアーティスト『KAWS (カウズ)』作、《URGE 4》
作品(2)“ロボットの春画”を描くハイパーリアリズムの巨匠『空山 基』作、《Sexy Robot Marilyn》

■作品情報(1)
タイトル   URGE 4
アーティスト KAWS (カウズ)
制作年    2020年
販売開始価格 1,200,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《URGE 4》~
KAWSのシグネチャー”CHUM”キャラクターを高品質スクリーンプリントにカラフルなバリエーションで描いた限定作品。作品にはKAWS直筆のサイン、ED番号が記載されている。

~アーティスト情報『KAWS (カウズ)』~
1974年、ニュージャージー生まれ。1990年代初頭にNYへ移ったあと、グラフィティ活動をはじめる。
バスの待合所や公衆電話ボックスに設置されたビルボード広告に両目が「XX」になったキャラクターをゲリラ的にペイントしたストリートアートは探され盗まれるほどの人気となる。
日本のストリートカルチャーにも深く関わりもち、1999年、日本のアパレルブランド「HECTIC」と「Bounty Hunter 」によって「COMPANION」というタイトルの立体作品を初リリース。
その後、「COMPANION」はフィギュアだけでなく、巨大なスカルプチャー作品として世界中に展示される。
アート・トイの成功によりファッション業界で注目を集め、「A BATHING APE BAPE」「NIKE」「COMME des GARÇONS」「SUPREME」「UNIQLO」「Dior」といった人気ブランドとコラボレーションを展開。
UNIQLOとのコラボTシャツでは、オンライン販売が即完売し確保できなかった人たちが店頭に押し寄せ暴動になるなどカルト的な人気を誇る。
2010年代後半からアート界から注目を集め、マーケットで急激に価格が高騰しはじめた。
2019年4月、Sotheby’s香港で開催されたオークションでは、予想価格の約20倍である約16億4700万円(115,966,000 HKD )で落札するなど、その価値は年々上昇している。
昨今、キース・ヘリングのようなグラフィティ・シーンや、アンディ・ウォーホルのようなポップ・アーティストと同じ文脈として語られ、KAWSのペインティングやドローイングまたスカルプチャーが、様々な美術館やアートギャラリーで展示され、世界的にその名が知られている。

■作品情報(2)
タイトル   Sexy Robot Marilyn
アーティスト 空山 基 (Hajime Sorayama)
制作年    2017年
販売開始価格 530,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《Sexy Robot Marilyn》~
2016年に開催された個展「女優はマシーンではありません。でも機械のように扱われます。」で発表された空山が敬愛するアイコン、マリリン・モンローの肖像をロボットとして描き起こした限定作品。
展覧会タイトルは、実際にモンローが発言した言葉。

~アーティスト情報『空山 基 (Hajime Sorayama))』~
1947年愛媛県生まれ。 中央美術学園デザイン科卒業。
1970年代初頭より、その卓越した写実力による人体と機械の美を追求した作品で、国内外で伝説的な存在となっている「ハイパーリアリズムの巨匠」
エロティックかつメカニカルな造形で女性を描いた「SEXYROBOT」シリーズ(1978年〜)は、その後のロボットのイメージ形成に大きな影響を与え、世界的にその名を世に知らしめた。
米国版「ペントハウス」誌での特集や、1983 年に出版した作品集では、ロボットを描く過程を惜しげも無く図解し世界中に拡散、様々な国のアートスクールで教科書として扱われるようになった。その結果、空山作品の影響は日本のコマーシャルアートの枠を遥かに超え、ハリウッド映画から世界中のストリートアート、ファインアートまで多岐に渡るようになる。
1999年には「ソニー」が開発したエンターテイメントロボット「AIBO」のコンセプトデザインを手掛け、グッドデザイン賞グランプリ(通産省)、メディア芸術祭グランプリ(文化庁)を受賞。2001年には初代「AIBO」がスミソニアン博物館と「MOMA」のパーマネントコレクションに収蔵されるなど、その作品は世界的な評価を獲得している。
世界的ロックバンド、エアロスミスの「Just Push Play」(2001)のアルバムカバーデザインを手掛けたことや「ディオール(DIOR)」や「ディズニー(DISNEY)」などのビッグブランドともコラボレーションし、テスラ社のCEO「イーロン・マスク」などを顧客にもつ。また、エアブラシを駆使した写実表現技法のゴッドファーザーとしても、世界中のクリエイターから尊敬を集めている。

お申込みがまだの方はこちら

販売開始の日程は、以下のスケジュールをご確認ください。
▼今後のスケジュール▼
2021年4月20日(火) 追加作品公開
2021年4月27日(火)19時30分 販売開始

2021.04.13 STRAYM

【販売開始】バンクシーの伝説的ドキュメンタリー映画から脚光を浴び続けるストリートアーティスト『Mr.Brainwash』による2作品が本日19:30より販売!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日19時30分より、先日告知いたしました下記作品の販売が開始いたしますので、お知らせいたします。
バンクシーの伝説的ドキュメンタリー映画から脚光を浴び続けるストリートアーティスト『Mr.Brainwash』作
《Stay Safe (Blue)》《Stay Safe (Red)》

■作品情報(1)
タイトル   Stay Safe (Blue)
アーティスト Mr.Brainwash(ミスター・ブレインウォッシュ)
制作年    2020年
販売開始価格 590,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

■作品情報(2)
タイトル   Stay Safe (Red)
アーティスト Mr.Brainwash(ミスター・ブレインウォッシュ)
制作年    2020年
販売開始価格 590,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《Stay Safe (Blue)》《Stay Safe (Red)》~
「StaySafe」と題された限定版のシルクスクリーン作品。人類史の1ページとして確実に語り継がれるであろうコロナというパンメデックを現代アートの象徴とも言えるマリリン・モンローの顔半分にバンダナを覆うという姿でブレインウォッシュによって表現された作品。
鉛筆で署名され、番号が付けられ、本物の証として、裏側にはブレインウォッシュの拇印がプリントされている。

~アーティスト情報『Mr.Brainwash(ミスター・ブレインウォッシュ)』~
1966年フランス・パリ生まれ。
母親が亡くなった後、15歳のときに父親と数人の兄弟と共にロサンゼルスに移住。
ブレインウォッシュは大好きなカメラを首にぶら下げて日常を撮影することを趣味としながらロサンゼルス・ニューヨーク・マイアミでビンテージショップのオーナーとして成功を収めていた。
そんな生活のターニングポイントとなったグラフィティへの関心を抱くキッカケとなったのは、1999年にフランスを旅行で訪れていた際、いとこがストリートアーティストである「スペースインベーダー」であることを知ったことだった。
それから大好きなカメラでスペースインベーダー、「OBEY」のポスターや「バンクシー」など世界中の多くの都市に登場するストリートアーティストの作品の記念撮影を始め、と同時に多くのアーティストと交友を深めていった。
その濃厚な日々は瞬く間にストリートアートへの情熱を高まらせていくこととなった。
その後、バンクシーとの交友を深め、2人で秘密のグラフィティアートシーンでの生活を詳しく説明した画期的なドキュメンタリーを制作。
その結果として、バンクシーの初監督作品にして2010年のアカデミー賞にノミネートされた伝説のドキュメンタリー映画「イクジットスルーザギフトショップ」が完成した。
このアートの本質や意義を問う映画はストリートアートシーンでのブレインウォッシュの存在を広め、人気急上昇に繋がる大きな役割となった。
そしてブレインウォッシュは映画の成功によって世界で最も重要なストリートアーティストの一人となったのだ。
その後も、想像力に富んだ展示会やアートショーは評論家や有名人の注目を集め続け、「マドンナ」や「レッドホットチリペッパーズ」などのミュージシャンとのコラボレーションも評判とキャリア向上に大きく貢献したと言われている。
「Life Is Beautiful(人生は美しい)」、このプレーズはいつも前向きで笑顔で陽気なブレインウォッシュの作品を通して喜びと愛を届けたいという意味を込めたスローガンになっている。

作品購入ページはこちら
https://straym.com/art/27
https://straym.com/art/28

お申込みがまだの方はこちら
https://straym.com/sign_up

2021.04.12 STRAYM

【重要なお知らせ】希望価格での注文仕様変更のお知らせ

【重要なお知らせ】希望価格での注文仕様変更のお知らせ
平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

STRAYMに関しまして、お客様よりご要望いただいておりました現在価格を上回る(下回る)希望価格での注文が可能となりました。
(取引例)現在価格100円の場合
【修正前】100円以上(以下)の希望価格の取引不可
【修正後】100円以上(以下)の希望価格の取引可

※希望価格での注文時に現在価格より上下30%までの値幅制限ルールについては引き続き適用されておりますのでご注意ください。
今後もより一層お客様のご要望にお応えできるよう引き続きサービス改善につとめてまいります。

以上となります。
引き続きどうぞよろしくお願いします。

2021.04.06 STRAYM

【販売告知】バンクシーの伝説的ドキュメンタリー映画から脚光を浴び続けるストリートアーティスト『Mr.Brainwash』による2つの作品が販売決定!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たに2作品の取り扱いが決定いたしました。
バンクシーの伝説的ドキュメンタリー映画から脚光を浴び続けるストリートアーティスト『Mr.Brainwash』作
《Stay Safe (Blue)》《Stay Safe (Red)》

■作品情報(1)
タイトル   Stay Safe (Blue)
アーティスト Mr.Brainwash(ミスター・ブレインウォッシュ)
制作年    2020年
販売開始価格 590,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

■作品情報(2)
タイトル   Stay Safe (Red)
アーティスト Mr.Brainwash(ミスター・ブレインウォッシュ)
制作年    2020年
販売開始価格 590,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《Stay Safe (Blue)》《Stay Safe (Red)》~
「StaySafe」と題された限定版のシルクスクリーン作品。人類史の1ページとして確実に語り継がれるであろうコロナというパンメデックを現代アートの象徴とも言えるマリリン・モンローの顔半分にバンダナを覆うという姿でブレインウォッシュによって表現された作品。
鉛筆で署名され、番号が付けられ、本物の証として、裏側にはブレインウォッシュの拇印がプリントされている。

~アーティスト情報『Mr.Brainwash(ミスター・ブレインウォッシュ)』~
1966年フランス・パリ生まれ。
母親が亡くなった後、15歳のときに父親と数人の兄弟と共にロサンゼルスに移住。
ブレインウォッシュは大好きなカメラを首にぶら下げて日常を撮影することを趣味としながらロサンゼルス・ニューヨーク・マイアミでビンテージショップのオーナーとして成功を収めていた。
そんな生活のターニングポイントとなったグラフィティへの関心を抱くキッカケとなったのは、1999年にフランスを旅行で訪れていた際、いとこがストリートアーティストである「スペースインベーダー」であることを知ったことだった。
それから大好きなカメラでスペースインベーダー、「OBEY」のポスターや「バンクシー」など世界中の多くの都市に登場するストリートアーティストの作品の記念撮影を始め、と同時に多くのアーティストと交友を深めていった。
その濃厚な日々は瞬く間にストリートアートへの情熱を高まらせていくこととなった。
その後、バンクシーとの交友を深め、2人で秘密のグラフィティアートシーンでの生活を詳しく説明した画期的なドキュメンタリーを制作。
その結果として、バンクシーの初監督作品にして2010年のアカデミー賞にノミネートされた伝説のドキュメンタリー映画「イクジットスルーザギフトショップ」が完成した。
このアートの本質や意義を問う映画はストリートアートシーンでのブレインウォッシュの存在を広め、人気急上昇に繋がる大きな役割となった。
そしてブレインウォッシュは映画の成功によって世界で最も重要なストリートアーティストの一人となったのだ。
その後も、想像力に富んだ展示会やアートショーは評論家や有名人の注目を集め続け、「マドンナ」や「レッドホットチリペッパーズ」などのミュージシャンとのコラボレーションも評判とキャリア向上に大きく貢献したと言われている。
「Life Is Beautiful(人生は美しい)」、このプレーズはいつも前向きで笑顔で陽気なブレインウォッシュの作品を通して喜びと愛を届けたいという意味を込めたスローガンになっている。

お申込みがまだの方はこちら

販売開始の日程は、以下のスケジュールをご確認ください。
▼今後のスケジュール▼
2021年4月6日(火) 追加作品公開
2021年4月13日(火)19時30分 販売開始

2021.03.30 STRAYM

【販売開始】“ロボットの春画”を描くハイパーリアリズムの巨匠『空山 基』による2作品が本日19:30より販売!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日19時30分より、先日告知いたしました下記作品の販売が開始いたしますので、お知らせいたします。
“ロボットの春画”を描くハイパーリアリズムの巨匠『空山 基』作
《RAFALE 》《SOVIET SEXY ROBOT》

■作品情報(1)
タイトル   RAFALE
アーティスト 空山 基
制作年    2017年
販売開始価格 470,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

■作品情報(2)
タイトル   SOVIET SEXY ROBOT
アーティスト 空山 基
制作年    2019年
販売開始価格 490,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《RAFALE 》《SOVIET SEXY ROBOT》~
空山の描くロボット作品は、その造形において美を追求するという人間の根源的な衝動を体現していると同時に「人種の壁」「永遠の命」「テクノロジーと美の融合」といった現代社会の重要なテーマの数々を自然に含んでいる。
また、AIの高度化や機械工学の発展によりロボットと人類の共存が現実的なテーマとなっている現在、美しい女性のAIロボットへの感情移入を描いた2015 年発表の映画「Ex Machina」などとの関連性も語られているように、シンギュラリティ以後という文脈でも注目が集まっている。

~アーティスト情報『空山 基 (Hajime Sorayama))』~
1947年愛媛県生まれ。 中央美術学園デザイン科卒業。
1970年代初頭より、その卓越した写実力による人体と機械の美を追求した作品で、国内外で伝説的な存在となっている「ハイパーリアリズムの巨匠」
エロティックかつメカニカルな造形で女性を描いた「SEXYROBOT」シリーズ(1978年〜)は、その後のロボットのイメージ形成に大きな影響を与え、世界的にその名を世に知らしめた。
米国版「ペントハウス」誌での特集や、1983 年に出版した作品集では、ロボットを描く過程を惜しげも無く図解し世界中に拡散、様々な国のアートスクールで教科書として扱われるようになった。その結果、空山作品の影響は日本のコマーシャルアートの枠を遥かに超え、ハリウッド映画から世界中のストリートアート、ファインアートまで多岐に渡るようになる。
1999年には「ソニー」が開発したエンターテイメントロボット「AIBO」のコンセプトデザインを手掛け、グッドデザイン賞グランプリ(通産省)、メディア芸術祭グランプリ(文化庁)を受賞。2001年には初代「AIBO」がスミソニアン博物館と「MOMA」のパーマネントコレクションに収蔵されるなど、その作品は世界的な評価を獲得している。
世界的ロックバンド、エアロスミスの「Just Push Play」(2001)のアルバムカバーデザインを手掛けたことや「ディオール(DIOR)」や「ディズニー(DISNEY)」などのビッグブランドともコラボレーションし、テスラ社のCEO「イーロン・マスク」などを顧客にもつ。また、エアブラシを駆使した写実表現技法のゴッドファーザーとしても、世界中のクリエイターから尊敬を集めている。

作品購入ページはこちら
https://straym.com/art/25
https://straym.com/art/26

お申込みがまだの方はこちら
https://straym.com/sign_up

2021.03.23 STRAYM

【販売告知】“ロボットの春画”を描くハイパーリアリズムの巨匠『空山 基』による2つの作品が販売決定!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たに2作品の取り扱いが決定いたしました。
“ロボットの春画”を描くハイパーリアリズムの巨匠『空山 基』作
《RAFALE 》《SOVIET SEXY ROBOT》

■作品情報(1)
タイトル   RAFALE
アーティスト 空山 基
制作年    2017年
販売開始価格 470,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

■作品情報(2)
タイトル   SOVIET SEXY ROBOT
アーティスト 空山 基
制作年    2019年
販売開始価格 490,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《RAFALE 》《SOVIET SEXY ROBOT》~
空山の描くロボット作品は、その造形において美を追求するという人間の根源的な衝動を体現していると同時に「人種の壁」「永遠の命」「テクノロジーと美の融合」といった現代社会の重要なテーマの数々を自然に含んでいる。
また、AIの高度化や機械工学の発展によりロボットと人類の共存が現実的なテーマとなっている現在、美しい女性のAIロボットへの感情移入を描いた2015 年発表の映画「Ex Machina」などとの関連性も語られているように、シンギュラリティ以後という文脈でも注目が集まっている。

~アーティスト情報『空山 基 (Hajime Sorayama))』~
1947年愛媛県生まれ。 中央美術学園デザイン科卒業。
1970年代初頭より、その卓越した写実力による人体と機械の美を追求した作品で、国内外で伝説的な存在となっている「ハイパーリアリズムの巨匠」
エロティックかつメカニカルな造形で女性を描いた「SEXYROBOT」シリーズ(1978年〜)は、その後のロボットのイメージ形成に大きな影響を与え、世界的にその名を世に知らしめた。
米国版「ペントハウス」誌での特集や、1983 年に出版した作品集では、ロボットを描く過程を惜しげも無く図解し世界中に拡散、様々な国のアートスクールで教科書として扱われるようになった。その結果、空山作品の影響は日本のコマーシャルアートの枠を遥かに超え、ハリウッド映画から世界中のストリートアート、ファインアートまで多岐に渡るようになる。
1999年には「ソニー」が開発したエンターテイメントロボット「AIBO」のコンセプトデザインを手掛け、グッドデザイン賞グランプリ(通産省)、メディア芸術祭グランプリ(文化庁)を受賞。2001年には初代「AIBO」がスミソニアン博物館と「MOMA」のパーマネントコレクションに収蔵されるなど、その作品は世界的な評価を獲得している。
世界的ロックバンド、エアロスミスの「Just Push Play」(2001)のアルバムカバーデザインを手掛けたことや「ディオール(DIOR)」や「ディズニー(DISNEY)」などのビッグブランドともコラボレーションし、テスラ社のCEO「イーロン・マスク」などを顧客にもつ。また、エアブラシを駆使した写実表現技法のゴッドファーザーとしても、世界中のクリエイターから尊敬を集めている

お申込みがまだの方はこちら

販売開始の日程は、以下のスケジュールをご確認ください。
▼今後のスケジュール▼
2021年3月23日(火) 追加作品公開
2021年3月30日(火)19時30分 販売開始

2021.03.16 STRAYM

【STRAYM】アクセス集中によるページ表示遅延の件について

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
STRAYMに関しまして、19:30の新作公開のアクセス集中に伴い、一部のお客様のページ表示遅延または、エラー画面の表示が発生しております。
ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。
直近のメディア露出に伴い、ユーザー数も増加しておりますため、今後、同様の現象が起こらないよう早急にサーバー強化等の対策を進めてまいります。

アクセス数が落ち着き次第、これまで通りお取引していただくことが可能ですが、再び状況が不安定になる可能性がございますので予めご了承くださいませ。
以上となります。

2021.03.16 STRAYM

【販売開始】バンクシーの伝説的ドキュメンタリー映画から脚光を浴び続けるストリートアーティスト『Mr.Brainwash(ミスター・ブレインウォッシュ)』の作品が本日19:30より販売!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日19時30分より、先日告知いたしました下記作品の販売が開始いたしますので、お知らせいたします。
バンクシーの伝説的ドキュメンタリー映画から脚光を浴び続けるストリートアーティスト『Mr.Brainwash(ミスター・ブレインウォッシュ)』作《Aquaman》

■作品情報
タイトル   Aquaman
アーティスト Mr.Brainwash(ミスター・ブレインウォッシュ)
制作年    2018年
販売開始価格 300,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《Aquaman》~
本作品はブレインウォッシュの特徴的なステンシル、ペイント、コラージュなどの様々なテクニックを使用したユニークな作風のアートワークであり、愛と前向きな雰囲気を示す配色もたくさん施されている。
また好んで用いる題材と言われている有名人、有名アート作品、アメリカンコミックの中から題材が扱われている代表的な画風の作品でもある。

~アーティスト情報『Mr.Brainwash(ミスター・ブレインウォッシュ)』~
1966年フランス・パリ生まれ。
母親が亡くなった後、15歳のときに父親と数人の兄弟と共にロサンゼルスに移住。
ブレインウォッシュは大好きなカメラを首にぶら下げて日常を撮影することを趣味としながらロサンゼルス・ニューヨーク・マイアミでビンテージショップのオーナーとして成功を収めていた。
そんな生活のターニングポイントとなったグラフィティへの関心を抱くキッカケとなったのは、1999年にフランスを旅行で訪れていた際、いとこがストリートアーティストである「スペースインベーダー」であることを知ったことだった。それから大好きなカメラでスペースインベーダー、「OBEY」のポスターや「バンクシー」など世界中の多くの都市に登場するストリートアーティストの作品の記念撮影を始め、と同時に多くのアーティストと交友を深めていった。
その濃厚な日々は瞬く間にストリートアートへの情熱を高まらせていくこととなった。その後、バンクシーとの交友を深め、2人で秘密のグラフィティアートシーンでの生活を詳しく説明した画期的なドキュメンタリーを制作。その結果として、バンクシーの初監督作品にして2010年のアカデミー賞にノミネートされた伝説のドキュメンタリー映画「イクジットスルーザギフトショップ」が完成した。
このアートの本質や意義を問う映画はストリートアートシーンでのブレインウォッシュの存在を広め、人気急上昇に繋がる大きな役割となった。
そしてブレインウォッシュは映画の成功によって世界で最も重要なストリートアーティストの一人となったのだ。その後も、想像力に富んだ展示会やアートショーは評論家や有名人の注目を集め続け、「マドンナ」や「レッドホットチリペッパーズ」などのミュージシャンとのコラボレーションも評判とキャリア向上に大きく貢献したと言われている。
「Life Is Beautiful(人生は美しい)」、このプレーズはいつも前向きで笑顔で陽気なブレインウォッシュの作品を通して喜びと愛を届けたいという意味を込めたスローガンになっている。

作品購入ページはこちら
https://straym.com/art/24

お申込みがまだの方はこちら
https://straym.com/sign_up

2021.03.10 STRAYM

【メディア掲出】TBS/MBSの2番組でSTRAYMのサービスを紹介して頂きました

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

今注目の一口100円からできる身近な形の投資として、弊社サービスSTRAYMを紹介していただきました。

Nスタ|TBSテレビ(2021/03/02)
「株価高騰で“注目” 熱視線 一口100円も・・・広がる“身近投資”」
https://www.youtube.com/watch?v=tHxXisYccYo

News ミント!|MBS(2021/03/09)
【特集】時価100万円超の『現代アート』が飛ぶように売れる "絵画投資"に注目集まる一方で危惧する声も
https://www.mbs.jp/mint/news/2021/03/10/082714.shtml

今後も多くの方にご利用していただけるような使いやすい・わかりやすいサービスとなりますよう改善をして参ります。
引き続きSTRAYMをよろしくお願いいたします。

2021.03.09 STRAYM

【ご注意ください】なりすましメールの発生について

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

現在、一部の方に「STRAYM」を名乗った、なりすましメールが送られているようです。
パスワードの再設定を求められるようですので、ご注意ください。

お客様からのパスワード忘却による再設定依頼時を除いて、
STARAYM側からパスワードの再設定を依頼するメールことは一切ございません。
またSTRAYM上からの情報流出は確認されておりませんので、ご安心くださいませ。

引き続きSTRAYMをよろしくお願いいたします。

2021.03.09 STRAYM

【販売告知】バンクシーの伝説的ドキュメンタリー映画から脚光を浴び続けるストリートアーティスト『Mr.Brainwash(ミスター・ブレインウォッシュ)』の作品が販売決定!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たに1作品の取り扱いが決定いたしました。
バンクシーの伝説的ドキュメンタリー映画から脚光を浴び続けるストリートアーティスト『Mr.Brainwash(ミスター・ブレインウォッシュ)』作《Aquaman》

■作品情報
タイトル   Aquaman
アーティスト Mr.Brainwash(ミスター・ブレインウォッシュ)
制作年    2018年
販売開始価格 300,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《Aquaman》~
本作品はブレインウォッシュの特徴的なステンシル、ペイント、コラージュなどの様々なテクニックを使用したユニークな作風のアートワークであり、愛と前向きな雰囲気を示す配色もたくさん施されている。
また好んで用いる題材と言われている有名人、有名アート作品、アメリカンコミックの中から題材が扱われている代表的な画風の作品でもある。

~アーティスト情報『Mr.Brainwash(ミスター・ブレインウォッシュ)』~
1966年フランス・パリ生まれ。
母親が亡くなった後、15歳のときに父親と数人の兄弟と共にロサンゼルスに移住。
ブレインウォッシュは大好きなカメラを首にぶら下げて日常を撮影することを趣味としながらロサンゼルス・ニューヨーク・マイアミでビンテージショップのオーナーとして成功を収めていた。
そんな生活のターニングポイントとなったグラフィティへの関心を抱くキッカケとなったのは、1999年にフランスを旅行で訪れていた際、いとこがストリートアーティストである「スペースインベーダー」であることを知ったことだった。
それから大好きなカメラでスペースインベーダー、「OBEY」のポスターや「バンクシー」など世界中の多くの都市に登場するストリートアーティストの作品の記念撮影を始め、と同時に多くのアーティストと交友を深めていった。
その濃厚な日々は瞬く間にストリートアートへの情熱を高まらせていくこととなった。
その後、バンクシーとの交友を深め、2人で秘密のグラフィティアートシーンでの生活を詳しく説明した画期的なドキュメンタリーを制作。
その結果として、バンクシーの初監督作品にして2010年のアカデミー賞にノミネートされた伝説のドキュメンタリー映画「イクジットスルーザギフトショップ」が完成した。
このアートの本質や意義を問う映画はストリートアートシーンでのブレインウォッシュの存在を広め、人気急上昇に繋がる大きな役割となった。
そしてブレインウォッシュは映画の成功によって世界で最も重要なストリートアーティストの一人となったのだ。
その後も、想像力に富んだ展示会やアートショーは評論家や有名人の注目を集め続け、「マドンナ」や「レッドホットチリペッパーズ」などのミュージシャンとのコラボレーションも評判とキャリア向上に大きく貢献したと言われている。
「Life Is Beautiful(人生は美しい)」、このプレーズはいつも前向きで笑顔で陽気なブレインウォッシュの作品を通して喜びと愛を届けたいという意味を込めたスローガンになっている。

お申込みがまだの方はこちら

販売開始の日程は、以下のスケジュールをご確認ください。
▼今後のスケジュール▼
2021年3月9日(火) 追加作品公開
2021年3月16日(火)19時30分 販売開始

2021.03.03 STRAYM

【重要なお知らせ】希望価格での注文時における値幅制限のメンテナンス実施について

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

STRAYMに関しまして、お客様ご要望・注文時の誤操作防止のため、
希望価格での注文時における値幅制限のシステムメンテナンスを実施します。

▼メンテナンス内容
希望価格での注文時に現在価格より上下30%までの値幅制限ルールを適用
∟上記適用に伴い、メンテナンス時点における現在価格を基準とし、上下30%以上の指値注文は取り消しをさせていただきます。
∟メンテナンス時は、一時的にサービスがご利用いただけませんので、ご了承ください。

▼メンテナンス予定時刻
2021/03/06(土)08:00 〜 12:00 予定

ご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんが、
現在、値幅制限を超える希望価格で注文を出している方は一度注文をキャンセルさせていただきますので、
メンテナンス実装後、再度注文をご実施ください。

今後もより一層お客様のご要望にお応えできるよう引き続きサービス改善につとめてまいります。

以上となります。

引き続きどうぞよろしくお願いします。

2021.03.02 STRAYM

【STRAYM】お申込、お問合せに関して

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

現在、TBSのNスタでのTV露出に伴い、多くのお申込とお問合せをいただいており、弊社の対応にお時間をいただいております。
ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、順次対応しておりますのでお待ちいただきますよう何卒よろしくお願いいたします。

2021.03.02 STRAYM

【販売開始】「Louis Vuitton」がコラボレーションした日本人女性ストリートアーティスト『Lady AIKO』による2つの作品が本日19:30より販売!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日19時30分より、先日告知いたしました下記作品の販売が開始いたしますので、お知らせいたします。
「Louis Vuitton」がコラボレーションした日本人女性ストリートアーティスト『Lady AIKO』作
《Emotions for International Woman's Day 04》
《Emotions for International Woman's Day 06》

■作品情報(1)
タイトル   Emotions for International Woman's Day 04
アーティスト Lady AIKO(レディ・アイコ)
制作年    2020年
販売開始価格 190,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

■作品情報(2)
タイトル   Emotions for International Woman's Day 06
アーティスト Lady AIKO(レディ・アイコ)
制作年    2020年
販売開始価格 190,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《Emotions for International Woman's Day 04&06》~
女性の社会的地位向上を訴える国際女性デーのタイミングで「Emotions for International Woman’s Day(国際女性デーへの感情)」というタイトルで下記のメッセージとともに発表した作品。
「男女の間では、私たちは長い間平等について議論してきましたが、今の方がずっと快適ですし、新しい世代の方がより良い考えを持っているように見えます。
この話題は、私たちの祖父母の時代やそれ以前とは大きく変わっています。しかし、女性やマイノリティは、教育、仕事の機会、健康など、私たちが解決しなければならない障害にまだ直面しています。
公平な生活ができるチャンスが誰にでも与えられ、誰もがその日を迎えられるようになることを願っています。」- -AIKO
路地裏や巨大な壁画にもAIKOが描くことの多い、女の子やウサギなどのキャラクターは、ステンシル、スプレーペイント、シルクスクリーンのユニークな融合で描かれストリートアートの幅広さを示している。

~アーティスト情報『Lady AIKO(レディ・アイコ)』~
過去20年間で最も影響力のある現代ストリートアーティストの一人といわれるAIKOの和洋折衷させたクオリティの高いフェミニンなアプローチスタイルで描かれる象徴的な作品は、世界中で愛され、尊敬されている。
東京生まれ、東京育ちのAIKOは、ニューヨークへ渡った。
2010年にはバンクシーとのコラボレーション「Exit Through the Gift Shop」を発表。
2012年には、1982年にキース・ヘリングが初めて描いたと言われるジェフリー・デッチがキュレーションした伝説の壁画に女性としては初めて壁画を制作した。
2013年には、ルイ・ヴィトンが村上隆、草間弥生に次ぐ3人目の日本人コラボレーターとして起用。
AIKOのニューヨークでのアートキャリアは、村上隆のもとで働き始めることから始まった。ブルックリンのスタジオで見習いとして働き始め、90年代後半まで働き、1998年には村上隆のデジタルバイオグラフィー「Superflat」の監督を務めた。
その後、スタジオを離れ、ニュースクールを卒業し修士課程を修了した後、アメリカ人アーティスト2人と出会い、3人で「FAILE」を結成。
国内外での作品制作を経て、2006年に「Lady AIKO」として活動を開始し、地位を確立していく。
2009年には「Animamix Biennale(上海MoCA)」、上記の他にも、2013年には「Edo Pop(The Japan Society, NY)」、
2018年には静岡市東海道広重美術館で個展「Lady Go」を開催、同年2018年にロジャー・ガストマンのキュレーションによる「The Beyond The Street(2018年LA、2019年NY)」など数々の展覧会に参加し、評価を得ている。
元ファーストレディのミシェル・オバマ、フェンディ、エスティ・ローダー、ワーナーブラザース、リーボック、アップル、マイクロソフト、ペプシ、Wホテルやザ・スタンダードなどの会場を含む多くの有名ブランド企業から作品制作を依頼されてきた。

作品購入ページはこちら
https://straym.com/art/22
https://straym.com/art/23

お申込みがまだの方はこちら
https://straym.com/sign_up

2021.02.23 STRAYM

【販売告知】「Louis Vuitton」がコラボレーションした日本人女性ストリートアーティスト『Lady AIKO』による2つの作品が販売決定!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たに2作品の取り扱いが決定いたしました。
「Louis Vuitton」がコラボレーションした日本人女性ストリートアーティスト『Lady AIKO』作
《Emotions for International Woman's Day 04》
《Emotions for International Woman's Day 06》

■作品情報(1)
タイトル   Emotions for International Woman's Day 04
アーティスト Lady AIKO(レディ・アイコ)
制作年    2020年
販売開始価格 190,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

■作品情報(2)
タイトル   Emotions for International Woman's Day 06
アーティスト Lady AIKO(レディ・アイコ)
制作年    2020年
販売開始価格 190,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《Emotions for International Woman's Day 04&06》~
女性の社会的地位向上を訴える国際女性デーのタイミングで「Emotions for International Woman’s Day(国際女性デーへの感情)」というタイトルで下記のメッセージとともに発表した作品。
「男女の間では、私たちは長い間平等について議論してきましたが、今の方がずっと快適ですし、新しい世代の方がより良い考えを持っているように見えます。
この話題は、私たちの祖父母の時代やそれ以前とは大きく変わっています。しかし、女性やマイノリティは、教育、仕事の機会、健康など、私たちが解決しなければならない障害にまだ直面しています。
公平な生活ができるチャンスが誰にでも与えられ、誰もがその日を迎えられるようになることを願っています。」- -AIKO
路地裏や巨大な壁画にもAIKOが描くことの多い、女の子やウサギなどのキャラクターは、ステンシル、スプレーペイント、シルクスクリーンのユニークな融合で描かれストリートアートの幅広さを示している。

~アーティスト情報『Lady AIKO(レディ・アイコ)』~
過去20年間で最も影響力のある現代ストリートアーティストの一人といわれるAIKOの和洋折衷させたクオリティの高いフェミニンなアプローチスタイルで描かれる象徴的な作品は、世界中で愛され、尊敬されている。
東京生まれ、東京育ちのAIKOは、ニューヨークへ渡った。
2010年にはバンクシーとのコラボレーション「Exit Through the Gift Shop」を発表。
2012年には、1982年にキース・ヘリングが初めて描いたと言われるジェフリー・デッチがキュレーションした伝説の壁画に女性としては初めて壁画を制作した。
2013年には、ルイ・ヴィトンが村上隆、草間弥生に次ぐ3人目の日本人コラボレーターとして起用。
AIKOのニューヨークでのアートキャリアは、村上隆のもとで働き始めることから始まった。ブルックリンのスタジオで見習いとして働き始め、90年代後半まで働き、1998年には村上隆のデジタルバイオグラフィー「Superflat」の監督を務めた。
その後、スタジオを離れ、ニュースクールを卒業し修士課程を修了した後、アメリカ人アーティスト2人と出会い、3人で「FAILE」を結成。
国内外での作品制作を経て、2006年に「Lady AIKO」として活動を開始し、地位を確立していく。
2009年には「Animamix Biennale(上海MoCA)」、上記の他にも、2013年には「Edo Pop(The Japan Society, NY)」、
2018年には静岡市東海道広重美術館で個展「Lady Go」を開催、同年2018年にロジャー・ガストマンのキュレーションによる「The Beyond The Street(2018年LA、2019年NY)」など数々の展覧会に参加し、評価を得ている。
元ファーストレディのミシェル・オバマ、フェンディ、エスティ・ローダー、ワーナーブラザース、リーボック、アップル、マイクロソフト、ペプシ、Wホテルやザ・スタンダードなどの会場を含む多くの有名ブランド企業から作品制作を依頼されてきた。

お申込みがまだの方はこちら

販売開始の日程は、以下のスケジュールをご確認ください。
▼今後のスケジュール▼
2021年2月23日(火) 追加作品公開
2021年3月2日(火)19時30分 販売開始

2021.02.16 STRAYM

【販売開始】世界で最も稼ぎ出す現代アート界のスーパースター『Damien Hirst(ダミアン・ハースト)』作品が本日19:30より販売!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たに1作品の取り扱いが決定いたしました。
世界で最も稼ぎ出す現代アート界のスーパースター『Damien Hirst(ダミアン・ハースト)』作、《The Dead (Chocolate Oriental Gold Skull)》

■作品情報
タイトル   The Dead (Chocolate Oriental Gold Skull)
アーティスト Damien Hirst(ダミアン・ハースト)
制作年    2009年
販売開始価格 1,150,000円
購入価格   1枠 / 100円〜
販売方式   先着順

■作品説明『The Dead (Chocolate Oriental Gold Skull)』
ダミアン・ハーストの作品の多くは「死」を扱っているものだが、「死」すらも美術として昇華させ、新たな芸術の価値観を生み出し輝かさせるのがダミアン・ハーストだ。その一つの表現方法として頭蓋骨を用いた作品は今まで数多く発表されている。中でも代表的な作品となった2007年に制作された18世紀の人間の頭蓋骨をかたどったブラチナに8601個の純ダイヤモンドで敷き詰めた彫刻作品は当時120億円で販売された事でも話題になった。
2009年に発表された本作品は「The Dead(Chocolate Oriental Gold Skull)」という作品名でED.15という少数で、チョコレート色がベースでゴールドの箔押しがとても美しいアーカイバル版画の貴重な作品となっている。

■アーティスト情報『Damien Hirst(ダミアン・ハースト)』
1965年イギリス・ブリストル生まれ。
イギリスの現代アーティストでYBAs(ヤング・ブリティッシュ・アーティスト)の代表格で現代アート界の第一線で活躍し続ける最も有名なアーティストの一人だ。
イギリス北部の都市リーズで育ち、1984年にロンドンに移住、建築現場で働いた後、1986年から89年までの2年間、ロンドンのゴールドスミス・カレッジ美術学部にてファインアートを学ぶ。在学中の1986年、最初の「スポット・ ペインティング」シリーズの制作を開始。このシリーズは、今なお彼の代表作の一つとなっている。
92年にロンドンのサーチ・ギャラリーで「生者の心における死の物理的不可能性」を発表。ターナー賞に初ノミネートされ、YBAsの一人として注目を集め始める。1993年にイギリス代表としてベネツィア・ビエンナーレに出展した牛の親子の体を断面化した「母と子、引き裂かれて」は1995年に現代アート界で最も重要な賞の1つとされるターナー賞を受賞。これをはじめ90年代に発表した巨大なサメ、羊などをホルマリン漬けにしたシリーズ「Natural History」はまさにセンセーショナルだ。その挑発的な作品等がアート界はもちろん多くの人に衝撃を与え、表現の新たな可能性の到来を確信させた。このような作品と並行して、合理的でシステム化を徹底した作品を生み出すことでも注目集める。更に錠剤をモチーフとしたドット絵画シリーズの量産、出版事業、レストラン経営などビジネス領域にも進出し、2007年には「Art Review」によるアート界有力者番付1位に選ばれる。同年、死の象徴である骸骨に8601個の生を示すダイヤを散りばめた作品「神の愛のために」を発表、当時120億円で販売されたとされる。
2012年、テート・モダンで大回顧展が開催。2015年には同じブリストル出身のバンクシーが企画したアートプロジェクト「ディズマランド」に参加。2017年の大規模個展「Treasures from the Wreck of the Unbelievable」(パラッツォ・グラッシ、ヴェネチア)では、東アフリカの海底に沈んだ架空の難破船「アンビリーバブル号」から発掘した宝物を展示するという壮大なコンセプトが話題を呼んだ。他の誰にも真似できないスケールの作品を生み出し、進化し続ける「ダミアン・ハースト」から目を離せない。

作品購入ページはこちら
https://straym.com/art/21

お申込みがまだの方はこちら
https://straym.com/sign_up

2021.02.15 STRAYM

【メディア掲出】2月15日(月)に発売された「週刊東洋経済 2021年2月20日号」でSTRAYMのサービスを紹介して頂きました

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

2月15日(月)に発売された「週刊東洋経済 2021年2月20日号」にて、<【第1特集】アートとお金>というテーマで、
100円からバンクシーが買える勃興するアートベンチャーとして、弊社サービスSTRAYMを紹介していただきました。
https://premium.toyokeizai.net/articles/-/26147

今後も多くの方にご利用していただけるような使いやすい・わかりやすいサービスとなりますよう改善をして参ります。
引き続きSTRAYMをよろしくお願いいたします。

2021.02.09 STRAYM

【販売告知】世界で最も稼ぎ出す現代アート界のスーパースター『Damien Hirst(ダミアン・ハースト)』作品の販売決定!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たに1作品の取り扱いが決定いたしました。
世界で最も稼ぎ出す現代アート界のスーパースター『Damien Hirst(ダミアン・ハースト)』作品の販売決定!

■作品情報
タイトル   The Dead (Chocolate Oriental Gold Skull)
アーティスト Damien Hirst(ダミアン・ハースト)
制作年    2009年
販売開始価格 1,150,000円
購入価格   1枠 / 100円〜
販売方式   先着順

■作品説明『The Dead (Chocolate Oriental Gold Skull)』
ダミアン・ハーストの作品の多くは「死」を扱っているものだが、「死」すらも美術として昇華させ、新たな芸術の価値観を生み出し輝かさせるのがダミアン・ハーストだ。その一つの表現方法として頭蓋骨を用いた作品は今まで数多く発表されている。中でも代表的な作品となった2007年に制作された18世紀の人間の頭蓋骨をかたどったブラチナに8601個の純ダイヤモンドで敷き詰めた彫刻作品は当時120億円で販売された事でも話題になった。
2009年に発表された本作品は「The Dead(Chocolate Oriental Gold Skull)」という作品名でED.15という少数で、チョコレート色がベースでゴールドの箔押しがとても美しいアーカイバル版画の貴重な作品となっている。

■アーティスト情報『Damien Hirst(ダミアン・ハースト)』
1965年イギリス・ブリストル生まれ。
イギリスの現代アーティストでYBAs(ヤング・ブリティッシュ・アーティスト)の代表格で現代アート界の第一線で活躍し続ける最も有名なアーティストの一人だ。
イギリス北部の都市リーズで育ち、1984年にロンドンに移住、建築現場で働いた後、1986年から89年までの2年間、ロンドンのゴールドスミス・カレッジ美術学部にてファインアートを学ぶ。在学中の1986年、最初の「スポット・ ペインティング」シリーズの制作を開始。このシリーズは、今なお彼の代表作の一つとなっている。
92年にロンドンのサーチ・ギャラリーで「生者の心における死の物理的不可能性」を発表。ターナー賞に初ノミネートされ、YBAsの一人として注目を集め始める。1993年にイギリス代表としてベネツィア・ビエンナーレに出展した牛の親子の体を断面化した「母と子、引き裂かれて」は1995年に現代アート界で最も重要な賞の1つとされるターナー賞を受賞。これをはじめ90年代に発表した巨大なサメ、羊などをホルマリン漬けにしたシリーズ「Natural History」はまさにセンセーショナルだ。その挑発的な作品等がアート界はもちろん多くの人に衝撃を与え、表現の新たな可能性の到来を確信させた。このような作品と並行して、合理的でシステム化を徹底した作品を生み出すことでも注目集める。更に錠剤をモチーフとしたドット絵画シリーズの量産、出版事業、レストラン経営などビジネス領域にも進出し、2007年には「Art Review」によるアート界有力者番付1位に選ばれる。同年、死の象徴である骸骨に8601個の生を示すダイヤを散りばめた作品「神の愛のために」を発表、当時120億円で販売されたとされる。
2012年、テート・モダンで大回顧展が開催。2015年には同じブリストル出身のバンクシーが企画したアートプロジェクト「ディズマランド」に参加。2017年の大規模個展「Treasures from the Wreck of the Unbelievable」(パラッツォ・グラッシ、ヴェネチア)では、東アフリカの海底に沈んだ架空の難破船「アンビリーバブル号」から発掘した宝物を展示するという壮大なコンセプトが話題を呼んだ。他の誰にも真似できないスケールの作品を生み出し、進化し続ける「ダミアン・ハースト」から目を離せない。

お申込みがまだの方はこちら

販売開始の日程は、以下のスケジュールをご確認ください。
▼今後のスケジュール▼
2021年2月9日(火) 追加作品公開
2021年2月16日(火)19時30分 販売開始

2021.02.02 STRAYM

【販売開始】米国出身の現代アーティスト『Cleon Peterson』&『Bisco Smith』の2作品の販売開始!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日19時30分より、先日告知いたしました下記作品の販売が開始いたしますので、お知らせいたします。
作品(1)無秩序で暴力に満ちたペインティングでLAをベースに活動するアーティスト『Cleon Peterson』作、《So It Goes -White Ver.- 》
作品(2)ラップを奏で、壁画を描き、アートを創造する現代アーティスト『Bisco Smith』作、《Six Feet 01》

■作品情報(1)
タイトル   So It Goes -White Ver.-
アーティスト Cleon Peterson(クレオン・ピーターソン)
制作年    2020年
販売開始価格 290,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《So It Goes-White》~
”歴史的な日”という象徴的メッセージとともに発表した”So It Goes”シリーズ。
Red/White/Blackの3シリーズが発表されたうちのWhite版でエディションは75。290gsmのコベントリーラグ紙に、ブラックスクリーン印刷が施され、各作品には直筆で署名と番号が付けられている。

~アーティスト情報『Cleon Peterson』~
1973年シアトル生まれ。
ピーターソンの作品はどれも、権力と服従の間で起こる闘争をグラフィカルに構成された構図と単色で描かれる。
子供の頃、複雑な家庭環境で育ち、喘息持ちで病院で過ごす時間が長く、その際にドローイングに打ち込んだ。その後麻薬中毒になり、更生施設に出入りするような生活を繰り返しながらも、カリフォルニア州パサデナのアート・センター・カレッジ・オブ・デザインにて美術学士号、ミシガン州デトロイトのクランブルック美術大学にて美術学博士号をそれぞれ取得。
再びカリフォルニアに戻り、ギャラリーのためにデザインの仕事をしたことがきっかけとなり、2009年、初の個展をロサンゼルスで開催。その個展で作品を購入した中には、ロサンゼルス現代美術館長であり、これまでにアンディ・ウォーホル、キース・ヘリング、ジャン・ミシェル・バスキア、ジェフ・クーンズなどトップアーティストを手掛け、自身も著名なコレクターであるジェフリー・ダイチがいた。
その後、ダイチ・プロジェクト(NY) 、レオナルド・ストリート・ギャラリー(ロンドン)など世界各地で展覧会を開催。2014年には、アート・バーゼル・マイアミの会期中に「OBEY」で世界的に有名なシェパード・フェアリーと街中の4つのビルの壁を彩る巨大な壁画アートコラボレーションを行った。
2015年にはアニエス・ベーが監修するパリのギャラリー「デュ ジュール」のプロジェクトルームのために特別に作品を制作。 
2016年、日本初個展を「DIESEL ART GALLERY(渋谷)」にて開催。同年、スケート&ライフスタイルブランド「HUF」とコラボレーションシリーズを発表。
2018年「SwizzBeatz」のアルバムのカバーワークを手掛けるなど、ピーターソンの作品は、イギリスのファッション誌i-Dや日本のメンズ・ファッション誌EYESCREAM、 アート&カルチャー誌Juxtapoz Magazineなど、様々なジャンルの媒体でフィーチャーされ、SwizzBeatz,Usher,Scott Disick,などをはじめ、コレクターを世界中に持つ。

作品購入ページはこちら
https://straym.com/art/19

■作品情報(2)
タイトル   Six Feet 01
アーティスト Bisco Smith(ビスコ・スミス)
制作年    2020年
販売開始価格 380,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《Six Feet 01》~
2020年初頭、Covid-19パンデミック初期にアーティストのスタジオで作成された、「STRAYM」でしか入手することができない貴重な1点もの。
音楽のリズムを反映し、その一瞬の意識から生まれるテキストを抽象的な白黒の作品に変換した、エネルギッシュで表現力豊かなブラシストローク。

~アーティスト情報『Bisco Smith』~
1980年生まれ。
ビスコは18歳でコネチカットからニューヨークに移り、”Bisc1”の名で、ブルックリンを拠点としてラッパー、クラブDJとして活動。2009年の米国公演おいて、人気ラッパーの「KRS-One」や「JerutheDamaja」などと共演し、雑誌「TheSource」や「Skunk」で特集されるなど、ニューヨークのアンダーグラウンドヒップホップシーンで有名になり、認知され始める。
音楽活動と共に、ビスコは、「DefinitiveJux」「NinjaTune」などのレーベルのジャケットアート、広告デザイン、アート展示、壁画アート制作をする傍ら、世界中でライブパフォーマンスを行い、「NIKE」「COACH」「adidas」「SLSホテル」「RYOT」「FIAT」「HYPEBEAST」などとコラボレーションを行ってきた。
ビスコの作品は徐々に定期的に展示されるようになり、ニューヨーク、ロサンゼルス、東京、マイアミ、ベルリン、シアトル、香港などの主要都市での個展とグループ展が開催され、世界中のコレクターやアート愛好家によって収集されている。
作品はキャンパスや大きな屋外壁画など、さまざまな形式で制作されており、主に白黒で描かれた作品は“言葉”をほとんど読めなくなるほど抽象化する。ビスコがアート作品を描くプロセスに、フリースタイルラップの原則となる即興、意識の流れ、その瞬間にいることは不可欠で、音楽と絵の交差点に存在する創造性を体現し、まるで”視覚的なフリースタイル”のごとく、音楽のリズムと瞬間のエネルギーを体現するジェスチャーマークや抽象的なテキストを通し表現主義への叙情的なアプローチを行っている。
Biscoの目的は、アートと音楽との圧倒的な融合から生まれるテクスチャの抽象化に加えて、世界に前向きなエネルギー、刺激を与えながら、人々を魅了し、社会的論評を提供することにある。

作品購入ページはこちら
https://straym.com/art/20

お申込みがまだの方はこちら
https://straym.com/sign_up

2021.02.01 STRAYM

【サービスアップデート情報】「ユーザー出品機能(出品フロー)」を実装!所有アート作品をSTRAYMに出品してみませんか?

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
この度、STRAYMで「ユーザー出品機能(出品フロー)」を実装しました。



「ユーザー出品機能(出品フロー)」概要
この度、実装を開始する「ユーザー出品機能(出品フロー)」とは、「STRAYM(ストレイム )」を利用してアート作品を販売したい方、販売する事を検討している方がアート作品の詳細情報を申請することで、STRAYM上で所有作品を出品~取引まで出来るサービスです。(WEB上で申請~審査可能)
コロナ禍において過去の販売方法とは変わりゆく形態のこのシステムを実装することにより、より多くのアート作品を利用者の方々へご紹介することが可能になると同時に、眠っていたアート作品を掘り起こしていく一躍の担えると考えています。

~ユーザー出品機能のご利用方法~
【 ログイン > 右上“出品する”ボタンクリック 】



皆様により良いサービスご提供ができるように尽力して参りますので
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

出品申込ページはこちら
https://straym.com/exhibit

お申込みがまだの方はこちら
https://straym.com/sign_up

2021.01.26 STRAYM

【販売告知】米国出身の現代アーティスト『Cleon Peterson』&『Bisco Smith』の2作品が同時販売決定!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

この度、STRAYMにて新たに2作品の取り扱いが決定いたしました。
作品(1)無秩序で暴力に満ちたペインティングでLAをベースに活動するアーティスト『Cleon Peterson』作、《So It Goes -White Ver.-》
作品(2)ラップを奏で、壁画を描き、アートを創造する現代アーティスト『Bisco Smith』作、《Six Feet 01》

■作品情報(1)
タイトル   So It Goes -White Ver.-
アーティスト Cleon Peterson(クレオン・ピーターソン)
制作年    2020年
販売開始価格 290,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《So It Goes -White Ver.-》~
”歴史的な日”という象徴的メッセージとともに発表した”So It Goes”シリーズ。
Red/White/Blackの3シリーズが発表されたうちのWhite版でエディションは75。290gsmのコベントリーラグ紙に、ブラックスクリーン印刷が施され、各作品には直筆で署名と番号が付けられている。

~アーティスト情報『Cleon Peterson』~
1973年シアトル生まれ。
ピーターソンの作品はどれも、権力と服従の間で起こる闘争をグラフィカルに構成された構図と単色で描かれる。
子供の頃、複雑な家庭環境で育ち、喘息持ちで病院で過ごす時間が長く、その際にドローイングに打ち込んだ。その後麻薬中毒になり、更生施設に出入りするような生活を繰り返しながらも、カリフォルニア州パサデナのアート・センター・カレッジ・オブ・デザインにて美術学士号、ミシガン州デトロイトのクランブルック美術大学にて美術学博士号をそれぞれ取得。
再びカリフォルニアに戻り、ギャラリーのためにデザインの仕事をしたことがきっかけとなり、2009年、初の個展をロサンゼルスで開催。その個展で作品を購入した中には、ロサンゼルス現代美術館長であり、これまでにアンディ・ウォーホル、キース・ヘリング、ジャン・ミシェル・バスキア、ジェフ・クーンズなどトップアーティストを手掛け、自身も著名なコレクターであるジェフリー・ダイチがいた。
その後、ダイチ・プロジェクト(NY) 、レオナルド・ストリート・ギャラリー(ロンドン)など世界各地で展覧会を開催。2014年には、アート・バーゼル・マイアミの会期中に「OBEY」で世界的に有名なシェパード・フェアリーと街中の4つのビルの壁を彩る巨大な壁画アートコラボレーションを行った。
2015年にはアニエス・ベーが監修するパリのギャラリー「デュ ジュール」のプロジェクトルームのために特別に作品を制作。 
2016年、日本初個展を「DIESEL ART GALLERY(渋谷)」にて開催。同年、スケート&ライフスタイルブランド「HUF」とコラボレーションシリーズを発表。
2018年「SwizzBeatz」のアルバムのカバーワークを手掛けるなど、ピーターソンの作品は、イギリスのファッション誌i-Dや日本のメンズ・ファッション誌EYESCREAM、 アート&カルチャー誌Juxtapoz Magazineなど、様々なジャンルの媒体でフィーチャーされ、SwizzBeatz,Usher,Scott Disick,などをはじめ、コレクターを世界中に持つ。

■作品情報(2)
タイトル   Six Feet 01
アーティスト Bisco Smith(ビスコ・スミス)
制作年    2020年
販売開始価格 380,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

~作品説明《Six Feet 01》~
2020年初頭、Covid-19パンデミック初期にアーティストのスタジオで作成された、「STRAYM」でしか入手することができない貴重な1点もの。
音楽のリズムを反映し、その一瞬の意識から生まれるテキストを抽象的な白黒の作品に変換した、エネルギッシュで表現力豊かなブラシストローク。

~アーティスト情報『Bisco Smith』~
1980年生まれ。
ビスコは18歳でコネチカットからニューヨークに移り、”Bisc1”の名で、ブルックリンを拠点としてラッパー、クラブDJとして活動。2009年の米国公演おいて、人気ラッパーの「KRS-One」や「JerutheDamaja」などと共演し、雑誌「TheSource」や「Skunk」で特集されるなど、ニューヨークのアンダーグラウンドヒップホップシーンで有名になり、認知され始める。
音楽活動と共に、ビスコは、「DefinitiveJux」「NinjaTune」などのレーベルのジャケットアート、広告デザイン、アート展示、壁画アート制作をする傍ら、世界中でライブパフォーマンスを行い、「NIKE」「COACH」「adidas」「SLSホテル」「RYOT」「FIAT」「HYPEBEAST」などとコラボレーションを行ってきた。
ビスコの作品は徐々に定期的に展示されるようになり、ニューヨーク、ロサンゼルス、東京、マイアミ、ベルリン、シアトル、香港などの主要都市での個展とグループ展が開催され、世界中のコレクターやアート愛好家によって収集されている。
作品はキャンパスや大きな屋外壁画など、さまざまな形式で制作されており、主に白黒で描かれた作品は“言葉”をほとんど読めなくなるほど抽象化する。ビスコがアート作品を描くプロセスに、フリースタイルラップの原則となる即興、意識の流れ、その瞬間にいることは不可欠で、音楽と絵の交差点に存在する創造性を体現し、まるで”視覚的なフリースタイル”のごとく、音楽のリズムと瞬間のエネルギーを体現するジェスチャーマークや抽象的なテキストを通し表現主義への叙情的なアプローチを行っている。
Biscoの目的は、アートと音楽との圧倒的な融合から生まれるテクスチャの抽象化に加えて、世界に前向きなエネルギー、刺激を与えながら、人々を魅了し、社会的論評を提供することにある。"

お申込みがまだの方はこちら

販売開始の日程は、以下のスケジュールをご確認ください。
▼今後のスケジュール▼
2021年1月26日(火) 追加作品公開
2021年2月2日(火)19時30分 販売開始

2021.01.19 STRAYM

【販売開始】ストレイムでは3作品目となる人気コラージュアーティスト『河村康輔 』作品の販売開始!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

本日19時30分より、先日告知いたしました下記作品の販売が開始いたしますので、お知らせいたします。
コラージュアートで世界を席巻する日本人アーティスト『河村康輔』の作品《Untitled》

■作品情報
タイトル   Untitled
アーティスト 河村康輔(Kosuke Kawamura)
制作年    2020年
販売開始価格 970,000円
購入価格   1枠 / 100円〜
販売方式   先着順

■作品説明『Untitled』
2020年7月、SO1ギャラリー(原宿)に開催された「 KOSUKE KAWAMURA / RESPECT FOR DIVERSITIES - STAY HOME WORK ARCHIVES - 」で発表されたオリジナル作品の一つ。ステイホーム中にデジタルで制作した作品のみを展示した貴重な展示会となった。本作品も含めてターポリンシートにインクジェットプリントとアクリルスプレーペイントを施したone & onlyな作品は、幻想的な世界観でも話題になった。

■アーティスト情報
1979年、広島県生まれ。東京在住。
特徴的なコラージュ、シュレッダーでマテリアル裁断して分解して再構築したものなど、ストリート育ちの感性から生まれた独自手法によって、
作品は幻想的で唯一無二の世界観を植え付ける。
ファッションブランドでは、「A BATHING APE®」「C.E」「NEXUS VII」や「adidas」「UNIQLO」など数々のコラボレーションを実施。
田名網敬一作品集『glamour』(2013)、森山大道「white and vinegar」(2012)での共作や作品提供など、アート界の巨匠からの信頼も厚く、
国内外から圧倒的な支持を得て作品は世に送り出されている。
2012年、スイスのローザンヌで開催されているフェスティバル「LUFF」にて個展を開催。
その他、ドイツ、フランスなど国内外の様々な美術館、ギャラリーで個展、グループ展を開催。
「INSIDE BABEL」は、オランダ・ロッテルダムのボイマンス美術館に収蔵されている。
2017年、大友克洋とともに手がけた『AKIRA』のアートウォール(渋谷PARCO)はSNSを通じて世界的にも有名となった。
アンダーグラウンドミュージックフィールドからストリートラグジュアリーに到るまで
独自の視点でカルチャーを更新させ、新作を発表すれば瞬く間に売れていく注目の現代ポップアーティストである。

作品購入ページはこちら
https://straym.com/art/18
※01/19(火)19:30にページ公開予定

お申込みがまだの方はこちら
https://straym.com/sign_up

2021.01.12 STRAYM

【販売告知】ストレイムでは3作品目となる人気コラージュアーティスト『河村康輔 』作《Untitled》追加決定!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

この度、STRAYMにて新たに1作品の取り扱いが決定いたしました。
コラージュアートで世界を席巻する日本人アーティスト『河村康輔 』作品の販売決定!

■作品情報
タイトル   Untitled
アーティスト 河村康輔(Kosuke Kawamura)
制作年    2020年
販売開始価格 970,000円
購入価格   1枠 / 100円〜
販売方式   先着順

■作品説明『Untitled』
2020年7月、SO1ギャラリー(原宿)に開催された「 KOSUKE KAWAMURA / RESPECT FOR DIVERSITIES - STAY HOME WORK ARCHIVES - 」で発表されたオリジナル作品の一つ。ステイホーム中にデジタルで制作した作品のみを展示した貴重な展示会となった。本作品も含めてターポリンシートにインクジェットプリントとアクリルスプレーペイントを施したone & onlyな作品は、幻想的な世界観でも話題になった。

■アーティスト情報
1979年、広島県生まれ。東京在住。
特徴的なコラージュ、シュレッダーでマテリアル裁断して分解して再構築したものなど、ストリート育ちの感性から生まれた独自手法によって、
作品は幻想的で唯一無二の世界観を植え付ける。
ファッションブランドでは、「A BATHING APE®」「C.E」「NEXUS VII」や「adidas」「UNIQLO」など数々のコラボレーションを実施。
田名網敬一作品集『glamour』(2013)、森山大道「white and vinegar」(2012)での共作や作品提供など、アート界の巨匠からの信頼も厚く、
国内外から圧倒的な支持を得て作品は世に送り出されている。
2012年、スイスのローザンヌで開催されているフェスティバル「LUFF」にて個展を開催。
その他、ドイツ、フランスなど国内外の様々な美術館、ギャラリーで個展、グループ展を開催。
「INSIDE BABEL」は、オランダ・ロッテルダムのボイマンス美術館に収蔵されている。
2017年、大友克洋とともに手がけた『AKIRA』のアートウォール(渋谷PARCO)はSNSを通じて世界的にも有名となった。
アンダーグラウンドミュージックフィールドからストリートラグジュアリーに到るまで
独自の視点でカルチャーを更新させ、新作を発表すれば瞬く間に売れていく注目の現代ポップアーティストである。

お申込みがまだの方はこちら

販売開始の日程は、以下のスケジュールをご確認ください。
▼今後のスケジュール▼
2021年1月12日(火) 追加作品公開
2021年1月19日(火)19時30分 販売開始

2020.12.24 STRAYM

【お知らせ】年末年始のサービス利用可能時間につきまして(2020年度)

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

年末年始のサービス利用可能時間につきましては、下記のとおりです。
▼利用可能(通常通り)
対象サービス:オーナー権の売買(取引)/ユーザーアカウント登録
▼休止
2020/12/30(水)~2021/01/03(日)
対象サービス:入金/出金/本人確認(口座開設)/お問い合わせ

休止期間内でも入出金申請やお問い合わせ等は可能ですが、
2021/01/04(月)以降、順次ご対応させていただきます。

宜しくお願いいたします。

2020.12.23 STRAYM

『STRAYM展2020 / FUN FEEL FUTURE EXHIBITION』開催イベントレポート



『STRAYM展2020 / FUN FEEL FUTURE EXHIBITION』

2020年12月8日(火)〜10(木)の3日間、STRAYMとして初となる作品展示会を東京・渋谷にある「elephant studio」にて無事開催いたしました。イベント開催に際しましては事前予約制、人数制限などコロナ禍における対応だったにも関わらず、沢山のお客様にご来場いただくことが出来ました。今回の経験を生かして、今後もより多くの方々に、素晴らしいアート作品をご紹介させていただくことと同時に、直にアートに触れていただく機会も創出してまいります。


この度、ご尽力いただきました関係者の方々、出展してくださったアーティストの方々にあらためて御礼申し上げます。
最後になりますが、会期中における皆様のコロナウィルス感染予防対策へのご理解、ご協力に感謝申し上げます。

<イベント実施概要>
会 期 2020年12月8日(火)〜10(木)
会 場 elephant STUDIO 1-2階
住 所 東京都渋谷区渋谷2-7-4
開館時間 11:00〜21:00 ※アポイント制
協  力 WATOWA GALLERY






出展アーティスト(2階部分)
アンディ・ウォーホール、バンクシー、クリストファー・ウール、シンディー・シャーマン、ジュリアン・オピー、KAWS、ケニー・シャーフ、河村康輔、ローレンス・ウィナー、ポール・インセクト、POSE、レイモンド・ペティボン、リチャード・プリンス、ジグマー・ポルケ、田名網敬一、ヴォルフガング・ティルマンス、OT(順不同)



出展アーティスト(1階部分)
榎本マリコ、ヒロ杉山、ジョン・エイブラハムス、マーティン・エイブラハムス、Chris Namaizawa、川元陽子、儀間朝龍、新田桂一、Shiki♡、新木友行、須田浩介、米原康正、山崎由紀子、OT、京森康平、PELT SIGN、MIHO MURAKAMI、佐々木香菜子、BUTTER FINGERS、SUGI、isayamax、MHAK as Masahiro Akutagawa、Lee Izumida、井口弘史




今後ともSTRAYMを何卒よろしくお願いいたします。



2020.12.22 STRAYM

【販売開始】国内での注目度はBanksyをも超える福岡拠点に活動するアーティスト『KYNE(キネ) 』作《Untitled》

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日19時30分より、先日告知いたしました下記作品の販売が開始いたしますので、お知らせいたします。
国内での注目度はBanksyをも超える福岡拠点に活動するアーティスト『KYNE(キネ) 』作《Untitled》

■作品情報
タイトル   Untitled
アーティスト 『KYNE(キネ) 』
制作年    2018年
販売開始価格 1,390,000円
購入価格   1枠 / 100円〜
販売方式   先着順

■アーティスト情報
福岡のストリートから世界へ。オークションの顔となった最注目のアーティスト。
1988年生まれ。福岡県出身。 学生時代から人物デッサンに興味を持つとともに、ストリートアートとしてスプレー缶で写実的な人物画を描くようになり、その後、日本画を学ぶ。
福岡を拠点に2006年頃からグラフィティアーティストとして活動を開始。 そのエッセンスをストリートアートに落とし込もうと、平面の世界観でモノクロの人物画を描くようになった。
そのポートレート画をステッカーにして、あらゆる場所に貼っていく中で徐々に認知度が上がり、活動拠点である福岡のストリートから頭角を現すようになった。
2010年頃にクールな表情の女性を描く現在のスタイルを確立。
1980年代の大衆文化を独自に解釈し生まれたKYNEのアートは、ファインアートの世界でも評価が高まるようになり、
2018年11月に開催された国内最大のSBIアートオークションで、予想落札価格40〜60万円に対し、500万円超えで落札された。
出品された3作品はいずれも予想価格の10倍を越え、オークションの顔の一人になるなど、国内アートマーケットではBanksyも超えるほどの注目を集めている。
最近では「SOPH.」をはじめとするアパレルブランドとのコラボ作品や、CDジャケットのイラストなども手掛け、ストリートだけでなく、海外を含む多くのギャラリーや作品展も開催、
大手新聞社主催の広告金賞を受賞するなど国内外で注目を集め続け活動範囲を広げている。
ファッション界、アート界、芸能界などにも多くのコレクターがおり、今後、更なる飛躍が期待されるストリート上がりのアーティストである。

作品購入ページはこちら
https://straym.com/art/17
※12/22(火)19:30にページ公開予定

お申込みがまだの方はこちら
https://straym.com/sign_up

2020.12.15 STRAYM

【販売告知】国内での注目度はBanksyをも超える福岡拠点に活動するアーティスト『KYNE(キネ) 』作《Untitled》追加決定!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たに1作品の取り扱いが決定いたしました。
国内での注目度はBanksyをも超える福岡拠点に活動するアーティスト『KYNE(キネ) 』作
《Untitled》販売決定!

■作品情報
タイトル   Untitled
アーティスト 『KYNE(キネ) 』
制作年    2018年
作品時価   1,390,000円
購入価格   1枠 / 100円〜
販売方式   先着順

■アーティスト情報
福岡のストリートから世界へ。オークションの顔となった最注目のアーティスト。
1988年生まれ。福岡県出身。 学生時代から人物デッサンに興味を持つとともに、ストリートアートとしてスプレー缶で写実的な人物画を描くようになり、その後、日本画を学ぶ。
福岡を拠点に2006年頃からグラフィティアーティストとして活動を開始。 そのエッセンスをストリートアートに落とし込もうと、平面の世界観でモノクロの人物画を描くようになった。
そのポートレート画をステッカーにして、あらゆる場所に貼っていく中で徐々に認知度が上がり、活動拠点である福岡のストリートから頭角を現すようになった。
2010年頃にクールな表情の女性を描く現在のスタイルを確立。
1980年代の大衆文化を独自に解釈し生まれたKYNEのアートは、ファインアートの世界でも評価が高まるようになり、
2018年11月に開催された国内最大のSBIアートオークションで、予想落札価格40〜60万円に対し、500万円超えで落札された。
出品された3作品はいずれも予想価格の10倍を越え、オークションの顔の一人になるなど、国内アートマーケットではBanksyも超えるほどの注目を集めている。
最近では「SOPH.」をはじめとするアパレルブランドとのコラボ作品や、CDジャケットのイラストなども手掛け、ストリートだけでなく、海外を含む多くのギャラリーや作品展も開催、
大手新聞社主催の広告金賞を受賞するなど国内外で注目を集め続け活動範囲を広げている。
ファッション界、アート界、芸能界などにも多くのコレクターがおり、今後、更なる飛躍が期待されるストリート上がりのアーティストである。

お申込みがまだの方はこちら

販売開始の日程は、以下のスケジュールをご確認ください。
▼今後のスケジュール▼
2020年12月15日(火) 追加作品公開
2020年12月22日(火)19時30分 販売開始

2020.12.08 STRAYM

【販売開始】世界主要美術館への作品収蔵が決定し、国際的なアートシーンでも評価が高まっている「田名網敬一」作《Lost and Wandering Bridge Series No. 9, 》追加決定!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日19時30分より、先日告知いたしました下記作品の販売が開始いたしますので、お知らせいたします。
世界主要美術館への作品収蔵が決定!
国際的なアートシーンでも評価が高まっている「田名網敬一」作
《Lost and Wandering Bridge Series No. 9, 》販売決定!

■作品情報
タイトル   Lost and Wandering Bridge Series No. 9,
アーティスト 田名網敬一
制作年    2011年
出品元     NANZUKA Addicted Art Gallery Private Collection
作品時価    881,000円
購入価格   1枠 / 100円〜
販売方式   先着順

■アーティスト情報
1936年、東京の服地問屋の長男として生まれる。 幼少期に東京大空襲を経験。少年期は、漫画や映画鑑賞に没頭。
武蔵野美術大学デザイン科へ入学。 在学中に日宣美展で特選を受賞し、学生にして雑誌のエディトリアルデザインなどの依頼を受けるなど、その才能は学生時代より広く知られた。
卒業後、アーティストとして活躍するいっぽう、画廊にとどまらない作品発表の場として、マンガとアメリカン・コミックスを融合させたアーティストブック『田名網敬一の肖像』(1966)を制作。
1967年にニューヨークでウォーホルの作品に触れ、アートの新たな可能性を直に感じ、より実験的な作品を手がけるようになる。AVANT-GARDE誌主催の「反戦ポスターコンテスト」 で入賞した作品や、伝説的バンドのジャケットワークなど、「サイケデリックアート」「ポップアート」の日本への導入に重要な足跡を残す作品を手掛け、映像作品は、ドイツのオーバーハウゼン国際短編映画祭などで上映されるなど高い評価を得た。
1999年、「田名網敬一・1960年代のグラフィックワーク」が開催。KAWSなど1960年代以降に生まれた新しい世代のカルチャーリーダーが高く評価した事から、田名網の作品は再び若者たちのカルチャーシーンに登場し広く支持を受ける。
2005年より、アートシーンにおける新作を発表。 「adidas」「Paul Smith」とのコラボレーションや、「LOUIS VUITTON」とのポップアップストアプロジェクトへの参加など、世界中のあらゆる境界を超えて尊敬を集め、MOMAやベルリン国立美術館など世界の主要美術館に作品が収蔵され、国際的なアートシーンでも評価が高まっている。

作品購入ページはこちら
https://straym.com/art/16
※12/08(火)19:30にページ公開予定

お申込みがまだの方はこちら
https://straym.com/sign_up

2020.12.02 STRAYM

【お知らせ】オーナー様限定ご招待!STRAYM公開のアート作品等を展示する「STRAYM展2020」開催!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、オーナーの皆さまに保有アート作品を直接ご覧いただける機会を提供させていただくために、
STRAYMで公開中のバンクシーやKAWSを始め、注目アーティストの作品を特別展示する
オーナー様限定展覧会「STRAYMアートエキシビジョン 2020 FEEL/FAN/FUTURE」の開催を決定いたしました。



本イベントは、12月8日(火)~10日(木)の期間中に、オルタナティブスペースelephant STUDIOにて開催します。
アートプロジェクトプロデュース集団 WATOWA GALLERYの演出サポートのもと、
STRAYMで公開されているバンクシーやKAWSを始めとする作品の展示、
またフロアを分けて、STRAYMが注目するアーティストの作品を30点以上、特別に展示します。
こちらは先着順により会場内で一括購入も可能になります。

当日はSTRAYMでユーザー登録をされている方であれば、ご入場可能になりますので、
この機会に是非ともご来場の上、アートをお楽しみください。

■イベント概要
名 称 :「STRAYMアートエキシビジョン 2020 FEEL/FAN/FUTURE」
期 間 : 2020年12月8日(火)~12月10日(木) 11:00~21:00
会 場 :elephant STUDIO 1F-2F (東京都渋谷区渋谷2-7-4)

主催 STRAYM ART AND CULTURE INC.
空間ディレクション WATOWA INC.
協力 WATOWA GALLERY / elephant STUDIO

<<注意>>
※アポイント制となります。アポイントはこちらから
1フロアの入場人数を制限しておりますので、お待ちいただく可能性があります。
ご予約のないお客様のご来廊は遠慮させていただく場合がございます。
※発熱や咳等の症状があるお客様は、来廊をご遠慮ください。
※ご来廊の際はマスク着用のご協力をお願いいたします。
※コロナ感染拡大予防のため、ご来場の皆さまのご署名、住所、ご連絡先をいただきます。

2020.12.01 STRAYM

【販売告知】世界主要美術館への作品収蔵が決定し、国際的なアートシーンでも評価が高まっている「田名網敬一」作《Lost and Wandering Bridge Series No. 9, 》追加決定!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たに1作品の取り扱いが決定いたしました。
日本におけるサイケデリックアート、ポップアートの先駆け「田名網敬一」作
《Lost and Wandering Bridge Series No. 9, 》販売決定!

■作品情報
タイトル   Lost and Wandering Bridge Series No. 9,
アーティスト 田名網敬一
制作年    2011年
出品元     NANZUKA Addicted Art Gallery Private Collection
作品時価    881,000円
購入価格   1枠 / 100円〜
販売方式   先着順

■アーティスト情報
1936年、東京の服地問屋の長男として生まれる。 幼少期に東京大空襲を経験。少年期は、漫画や映画鑑賞に没頭。
武蔵野美術大学デザイン科へ入学。 在学中に日宣美展で特選を受賞し、学生にして雑誌のエディトリアルデザインなどの依頼を受けるなど、その才能は学生時代より広く知られた。
卒業後、アーティストとして活躍するいっぽう、画廊にとどまらない作品発表の場として、マンガとアメリカン・コミックスを融合させたアーティストブック『田名網敬一の肖像』(1966)を制作。
1967年にニューヨークでウォーホルの作品に触れ、アートの新たな可能性を直に感じ、より実験的な作品を手がけるようになる。AVANT-GARDE誌主催の「反戦ポスターコンテスト」 で入賞した作品や、伝説的バンドのジャケットワークなど、「サイケデリックアート」「ポップアート」の日本への導入に重要な足跡を残す作品を手掛け、映像作品は、ドイツのオーバーハウゼン国際短編映画祭などで上映されるなど高い評価を得た。
1999年、「田名網敬一・1960年代のグラフィックワーク」が開催。KAWSなど1960年代以降に生まれた新しい世代のカルチャーリーダーが高く評価した事から、田名網の作品は再び若者たちのカルチャーシーンに登場し広く支持を受ける。
2005年より、アートシーンにおける新作を発表。 「adidas」「Paul Smith」とのコラボレーションや、「LOUIS VUITTON」とのポップアップストアプロジェクトへの参加など、世界中のあらゆる境界を超えて尊敬を集め、MOMAやベルリン国立美術館など世界の主要美術館に作品が収蔵され、国際的なアートシーンでも評価が高まっている。

お申込みがまだの方はこちら

販売開始の日程は、以下のスケジュールをご確認ください。
▼今後のスケジュール▼
2020年12月1日(火) 追加作品公開
2020年12月8日(火)19時30分 販売開始

2020.11.25 STRAYM

【販売開始】元祖・自撮り女王!Sherman(シンディ・シャーマン) 作《Untitled #114》

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日19時30分より、先日告知いたしました下記追加14作品目の販売が開始いたしますので、お知らせいたします。

■作品情報
タイトル   Untitled #114
アーティスト Sherman(シンディ・シャーマン)
制作年    1999年
出品元     EHC Fine Art Private Collection 額装
作品時価    400,000円
購入価格   1枠 / 100円〜
販売方式   先着順

■アーティスト情報
Cindy Sherman(シンディ・シャーマン)
元祖・自撮り女王!アメリカのアーティスト・写真家・映画監督
ニュージャージー州グレン・リッジ出身だが、生まれた後すぐにニューヨークのロングアイランドへ住み移った。
その後、実母の勧めもありニューヨーク州立大学に入学し、当初は絵画制作を専攻し力を注いでいたが、のちに写真表現に転向し今に至ると言われている。
その理由に関してのちのインタビューでは「きめ細かく他人の芸術を忠実に再現しようとしたが、再現作業はカメラを使ったほうが良く、自分はアイデアに時間を使ったほうがよいと気付きました」と語っている。
現在はニューヨーク在住しながら写真をはじめ様々な表現方法を通じて、社会における女性の役割や重要なフェミニズムの問題を提起し続けている。

作品購入ページはこちら
https://straym.com/art/15
※11/25(水)19:30にページ公開予定

お申込みがまだの方はこちら
https://straym.com/sign_up

2020.11.18 STRAYM

【販売告知】元祖・自撮り女王!Sherman(シンディ・シャーマン) の作品《Untitled #114》追加決定!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たに1作品の取り扱いが決定いたしました。

シャーマンと言えば、自らを被写体とするコンセプチャルなセルフポートレイト作品が有名だ。
約70枚のモノクロ写真によって構成された1950-60年代の往年の映画に出演する女優たちの1シーンを彷彿させるような古着やウィッグを身につけ、自ら様々な女性に扮して演じた「アンタイトルド・フィルム・スティールス(「Untitled Film Stills」1977-1980)」は、シャーマン作品を象徴し代表するシリーズとなった。
因みにこのシリーズの作品は曖昧性を出すためにタイトルは付けられていないと言われている。
この手法と面白さはアメリカポップアート界を代表するロイ・リキテンシュタインやアンディ・ウォーホールが実践していた「大衆が抱くステレオタイプなイメージの提示」に重ね合わさる。
最近ではInstagramの投稿を通じても話題になっている。

■作品情報
アーティスト名:Cindy Sherman(シンディ・シャーマン)
作品名:Untitled #114
1999 Offset print 44.5cm × 33.7cm / EHC Fine Art Private Collection 額装

お申込みがまだの方はこちら

販売開始の日程は、以下のスケジュールをご確認ください。
▼今後のスケジュール▼
2020年11月18日(水) 追加作品公開
2020年11月25日(水)19時30分 Cindy Sherman《Untitled #114》販売開始

2020.11.10 STRAYM

【STRAYM】アクセス集中によるページ表示遅延の件について

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
STRAYMに関しまして、19:30の新作公開のアクセス集中に伴い、一部のお客様のページ表示遅延または、エラー画面の表示が発生しておりました。
ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。
現在はすでに公開が完了しており、これまで通りお取引していただくことが可能ですが、再び状況が不安定になる可能性がございますので予めご了承くださいませ。
今後、同様の現象が起こらないよう早急に対応すると共にサービス改善につとめてまいります。
以上となります。
今後ともSTRAYMを何卒よろしくお願いいたします。

2020.11.10 STRAYM

【販売開始】ハイブリッドスタイルで独自の道を切り拓く大人気グラフティアーティスト“POSE(ポーズ)”作《DOLL 3》

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日19時30分より、先日告知いたしました下記追加13作品目の販売が開始いたしますので、お知らせいたします。

■作品情報
タイトル   DOLL 3
アーティスト ポーズ(POSE)
制作年    2015年
出品元    Private Collection
作品時価    300,000円
購入価格   1枠 / 100円〜
販売方式   先着順

■アーティスト情報
ポーズ(POSE)
「ハイブリッドスタイルで独自の道を切り拓く大人気グラフティアーティスト」
POSE(本名:Jordan Nickel(ジョーダン・ニッケル))は、2004年カンザスシティ美術大学で学位取得後、翌年We Are Supervisionを共同設立。現在、西海岸のアーティスト集団Seventh Letterのメンバーであり、世界的なグラフィティ集団のMSK(Mad Society Kings)のメンバーでもある。
POSEの手に掛かれば、壁であろうと、キャンバスであろうと、どんな時でも鮮やかで最適化された様々な色のブレンドと、グラフィックを幾重にも組み合わせてレイヤー化し厚みを持たせた手法で、躍動感ある作品を生み出すことを可能とする。また日常にあるものに創意工夫を用いて、深いテーマを伝える作品へと変化させる。
グラフィティアートにポップアート、イラスト、ペインティング、コミックなどのカテゴリーから様々なインスピレーションを得て異次元に組み合わせるハイブリッドスタイルが、世界中から注目されている。

作品購入ページはこちら
https://straym.com/art/14
※11/10(火)19:30にページ公開予定

お申込みがまだの方はこちら
https://straym.com/sign_up

2020.11.03 STRAYM

【販売告知】ハイブリッドスタイルで独自の道を切り拓く、大人気のグラフティアーティスト「POSE(ポーズ)」の作品《Doll 3》追加決定!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たに1作品の取り扱いが決定いたしました。

POSE(本名:Jordan Nickel(ジョーダン・ニッケル))は、グラフィティアートにポップアート、イラスト、ペインティング、コミックなどのカテゴリーから様々なインスピレーションを得て異次元に組み合わせるハイブリッドスタイルでとても注目されています。
2004年カンザスシティ美術大学で学位取得後、翌年We Are Supervisionを共同設立。
現在、西海岸のアーティスト集団であるSeventh Letterのメンバーであり、世界的なグラフィティ集団のMSK(Mad Society Kings)のメンバーでもあります。
POSEの手に掛かれば、壁であろうと、キャンバスであろうと、どんな時でも鮮やかで最適なブレンドした様々な色と、グラフィックを幾重にも組み合わせてレイヤー化し厚みを持たせた手法で、躍動感ある作品を生み出すことを可能とします。
また日常にあるものに創意工夫を用いて、深いテーマを伝える作品へと変化させていきます。

■作品情報
アーティスト名:POSE(ポーズ)
作品名:Doll 3
(2015 20color Silk Screen Print 58.4cm/76.2cm ED.40 / Line Dot Editions Private Collection)

お申込みがまだの方はこちら

販売開始の日程は、以下のスケジュールをご確認ください。
▼今後のスケジュール▼
2020年11月3日 追加作品公開
2020年11月10日19時30分 POSE《Doll 3》販売開始

2020.11.02 STRAYM

【お知らせ】日テレ系列で10月31日にOAされた「メレンゲの気持ち」でSTRAYMのサービスを紹介して頂きました

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

10月31日(土)に日テレ系列でOAされた「メレンゲの気持ち」にて、【100円からできる投資とは?】というテーマで、初心者が始めやすい少額のアート投資として、弊社サービスSTRAYMを紹介していただきました。
今後も多くの方にご利用していただけるような使いやすい・わかりやすいサービスとなりますよう改善をして参ります。
引き続きSTRAYMをよろしくお願いいたします。

2020.10.27 STRAYM

【販売開始】アメリカポップアート界のパイオニアと言われる現代アーティスト、Kenny Scharf(ケニー・シャーフ)作《Untitled(flores series)》

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日19時30分より、先日告知いたしました下記追加12作品目の販売が開始いたしますので、お知らせいたします。

■作品情報
タイトル   Untitled(flores series)
アーティスト Kenny Scharf(ケニー・シャーフ)
制作年    2020年
出品元    VERTU FINE ART Private Collection
作品時価    480,000円
購入価格   1枠 / 100円〜

■アーティスト情報
Kenny Scharf(ケニー・シャーフ)
・アメリカグラフティアート界のパイオニアと言われる現代アーティスト
最高落札作品価格
・「LOVE」(1982)182.9cm×152.4cm 落札価格:約5620万円(525,000ドル)/Christie's
エキシビション・展示
・The Hammer Museum(アラスカ)
・Whitney Museum(ニューヨーク)
・The Museum of Modern Art / MoMA(ニューヨーク)
・Portland Art Museum(ポートランド)
・Salvador Dali Museum(フロリダ)etc...

作品購入ページはこちら
https://straym.com/art/13
※10/27(火)19:30にページ公開予定

お申込みがまだの方はこちら
https://straym.com/sign_up

2020.10.20 STRAYM

【販売告知】アメリカポップアート界のパイオニアと言われる現代アーティスト、Kenny Scharf(ケニー・シャーフ)作品追加決定!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たに1作品の取り扱いが決定いたしました。

Kenny Scharf(ケニー・シャーフ)の作品は、
幼少期に観て影響されたと思われるTVアニメのヒーローたちや、ポップカルチャーのアイコンがモチーフとしてよく登場し、
キャラクターたちが住む独特で象徴的な世界観を創り出す。
と同時に彼の描くキャラクターたちは、モダニズムに対して批判的なスタンスを示しているようにも見え、
信念である「作品を通じて美術界におけるエリート主義の境界を越えて、大衆文化とつながること」の側面が表れている。
いまや作品はファッション、映像、インスタレーションアート、ストリートアートなどにも及び、
常に現実やルールに捉われることなく、遊び心に満ち溢れている現代アーティスト
「Kenny Scharf(ケニー・シャーフ)」の作品《Untitled(flores series)》です。

販売開始の日程は、以下のスケジュールをご確認ください。

■作品情報
アーティスト名:Kenny Scharf(ケニー・シャーフ)
作品:Untitled(flores series)
【アメリカポップアート界のパイオニアと言われる現代アーティスト】
お申込みがまだの方はこちら

▼今後のスケジュール▼
2020年10月20日 追加作品公開
2020年10月27日19時30分 Kenny Scharf《Untitled(flores series)》販売開始

2020.10.19 STRAYM

【販売告知】「女子美術大学付属高等学校卒業制作展2019」受賞作品の抽選販売決定!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

先日お知らせしたSTRAYMが支援・プロデュースさせていただいた「女子美術大学付属高等学校卒業制作展2019」は、
1500名を超える方々にお越しいただき、大盛況のうちに無事終演することができました。
ご来場いただき、心から感謝しております。

この度、展示作品の中で評価の高かった一部作品を『STRAYM賞』として5作品選定し
STRAYMにて販売する運びとなりました。

なお、本5作品に関しましてはオーナー権での共同保有ではなく、実物の一括購入の形を取らせていただきます。
そのため購入希望者が複数となった場合には抽選とさせていただきます。
予めご理解ください。

未来のアートシーンを担っていく彼女たちの貴重な作品となっております。
皆様のご参加をお待ちしております。

作品情報や販売開始の日程は、以下をご確認ください。
■作品情報
作品1:上堀悦子(Uebori Etsuko)「往き交う」/S100 キャンパスに油彩


作品2:長谷川詩(Hasegawa Uta)「mind」/170×120cm パネルにアクリルガッシュ


作品3:安田光(Yasuda Hikari)「birth」/P120 パネルにアクリルガッシュ


作品4:南部梨央生(Nambu Riona)「赤」/F130 パネルにアクリルガッシュ


作品5:加藤菜々子(Kato Nanako)「心を洗う」/162×131×8cm パネルとアクリル板に油絵


■今後のスケジュール
2020年10月19日(月) 追加作品公開
2020年10月23日(金)19時30分 受賞5作品の抽選販売受付開始

2020.10.13 STRAYM

【販売開始】発表作品が2分で完売!いま大注目の作家、Paul Insect(ポール・インセクト)作《Pollen Dream》

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日19時30分より、先日告知いたしました下記追加11作品目の販売が開始いたしますので、お知らせいたします。

■作品情報
アーティスト名:Paul Insect(ポール・インセクト)
作品:Pollen Dream

【独創的な世界観でストリートアート界での地位を確立したアーティスト】
グラストンベリーでのステージコンセプトへの制作や、ジェイミー・ヒューレッドとのプロジェクト、
バンクシーとはカンヌ映画祭、パレスチナの分離壁、ディズマランドへの参加や、
ダミアン・ハーストがインセクトのファンでコレクターであることでも有名で
直近に発表した彼の作品は2分で完売しました。

作品購入ページはこちら
https://straym.com/art/12
※10/13(火)19:30にページ公開予定

お申込みがまだの方はこちら
https://straym.com/sign_up

2020.10.09 STRAYM

【新機能】「オーナー証明書」の発行機能をリリース

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

STRAYMの新機能として保有しているアートのオーナー証明書を発行できる機能をリリースしましたのでお知らせいたします。
STRAYMへログイン後、「保有アート状況」へとお進みいただきますと、各アートの保有状況の項目に【オーナー証明書発行】のボタンが追加されており、そこからオーナー証明書をご覧いただくことができます。



オーナー証明書に表示されているシーリングスタンプのマークは、お客様の各作品の保有率によって色が変化いたします。
また、SNSへのシェア機能もございますので、お気に入りのアートがございましたら、ぜひSNSにシェアなどしてお楽しみいただければと思います。

引き続きSTRAYMを何卒よろしくお願いします。


2020.10.06 STRAYM

【販売告知】バンクシーとの有名プロジェクトやダミアン・ハーストをも魅力する作家ポール・インセクトの作品追加決定!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たに1作品の取り扱いが決定いたしました。

20世紀初頭のダダイズム芸術運動からインスピレーションを受けているとされ、
ダダイズムの持ち合わせるあらゆる不条理をモダニズムのスマートさと組み合わせ、
大人の生活に潜む深く暗い闇をいたずらっぽく指摘するシュールな表現と言われているアーティスト
「Paul Insect(ポール・インセクト)」の作品《Pollen Dream》です。

販売開始の日程は、以下のスケジュールをご確認ください。

■作品情報
アーティスト名:Paul Insect(ポール・インセクト)
作品:Pollen Dream
【独創的な世界観でストリートアート界での地位を確立したアーティスト】
お申込みがまだの方はこちら

▼今後のスケジュール▼
2020年10月6日 追加作品公開
2020年10月13日19時30分 Paul Insect《Pollen Dream》販売開始

2020.09.30 STRAYM

現在開催中!!コロナ禍で開催することが出来なかった「女子美術大学付属高等学校・卒業制作展2019」

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

先日ご案内いたしましたコロナ禍で中止となってしまった当社が支援・プロデュースしております「女子美術大学付属高等学校・卒業制作展2019」が現在大好評開催中でございます。
様々なメディアでも取り上げられて注目を集めており、大変多くの方にご来場いただいております。 今週末の10月4日(日)まで開催しておりますので、ぜひチェックしてみください。

弊社は、コロナ禍での卒業制作展中止に伴い、女子美術大学付属高等学校を卒業できなかった“作品たち”を無事卒業させたい、卒業した学生たちには貴重な体験の場を提供したいとの想いから卒業制作展の当時の実行委員会の方々、2020年3月にご卒業なされた学生の方々へ支援させていただいております。 その上で、展示会場のご提供など複数の企業様からのご協力を賜り、この度の開催が実現しております。

【イベント概要】
■タイトル :女子美術大学付属高等学校卒業制作展2019「私の舟出 〜卒業できない作品たち〜」
■展示会スケジュール :2020年9月26日(土)〜10月4日(日)
■場所 :AOYAMA STUDIO 164・239 (東京都港区南青山2-5-17 ポーラ青山ビル2F)
■主催・運営 :女子美術大学付属高等学校卒業制作展2019 実行委員会
■後援 :女子美術大学付属高等学校・中学校
■協力 :株式会社ピーオーリアルエステート/株式会社ハート・アンド・アート
■支援/プロデュース :SMADONA株式会社


●女子美術大学付属高等学校卒業制作展2019
実行委員会委員長 南部梨央生よりご挨拶

私たちは、女子美術大学付属高等学校という大きな舟に乗っていました。そして卒業とともに様々な個々の舟に乗り出し 舵を切ろうとしていました。しかし、私たち女子美術大学付属高等学校2019年度卒業生はコロナ渦で卒業展を開催する が出来ず作品だけが5ヶ月もの間、卒業出来ないまま残されていました。当然、私たちの気持ちも取り残されたままでした。 このような状況は私たちだけじゃないことも理解しています。 この度、幸運にも、皆様のご協力、ご支援のお陰で、卒業出来なかった作品たちの卒業式ともなる卒業制作展を開催させていただく事が決まり、卒業生それぞれの「舟」で、私たちはようやく作品と共に高校を卒業し、新たなそれぞれの方向 に「舟出」し、「舵」を切り始めていけるはずです。 最後に「卒業できていない作品」と「舵を切り始めた私たち」のご支援をいただければと思います。

<支援金募集に関して>
ご支援をご検討頂ける方・企業様は下記アドレスまでメッセージをお送りいただけますと幸いです。
こちらより詳細をご返信申し上げます。
問い合わせ先:watashinohakobune2020@gmail.com


●後援/⼥⼦美術大学付属高等学校・中学校 校長よりご挨拶

このたび、【女子美術大学付属高等学校・卒業制作展2019「私の舟出」〜卒業できない作品たち〜】が開催の運びとな りました。これはこの春に卒業を迎えた2019年度卒業生達が自力で開催にこぎつけた卒業制作展です。 生徒は構想、制作に1年近くかけ、情熱を込めて全力で取り組んで参りましたが、2月下旬その作品の発表の場を、新型 コロナウイルス感染症のためあえなく奪われてしまいました。その後も学校は作品展示実現のため方策を模索しましたが 、長引くコロナ禍のため開催に至らず、6月に泣く泣く中止を決定いたしました。 しかし、2019年度卒業生は諦めませんでした。「何とか発表の場を」との⼀念であちこちに働きかけ、そしてその窮状 を知った救いの手が現れ、今、ここに開催の目途がつきました。本当に嬉しく、企画をして頂いたSMADONA様、会場を 提供していただいた「AOYAMA STUDIO 164・239」様に感謝し、また、校長としてここまで頑張った卒業生を誇りに思います。 しかし、先行きはまだまだ困難が予想されます。美術を志す18歳の若き女性作家の卵達へのご支援、ご協力を賜りたく、ここにお願い申し上げます。

女子美術大学付属高等学校・中学校校長 石川康子

2020.09.14 STRAYM

【STRAYM】追加取扱作品、販売延期のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

先日告知いたしました、追加作品「村上隆」の《AND THEN Yellow (1999)》に関しまして、
我々に不備がみつかり、こちらの販売開始時期が延期となりましたのでお知らせいたします。

追加作品の販売開始時期につきましては近日中に改めて販売日時をご報告させて頂きます。
一日も早くお客様にお届けできるよう、鋭意準備しております。
楽しみにお待ちくださっているお客様には、多大なるご迷惑をおかけ致します事、心よりお詫び申し上げます。
何卒ご理解頂きますよう、お願い申し上げます。

■対象作品情報
アーティスト名:村上隆
作品:AND THEN Yellow (1999)
【日本の現代アート界を切り拓いてきたアーティスト】

2020.09.09 STRAYM

【STRAYM】追加取扱作品決定のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たに1作品の取り扱いが決定いたしました。

⽇本の伝統美術の平⾯性と⽇本のマンガやアニメなどのポップカルチャーの平⾯性に類似性や同質性を⾒出し接続させた
「スーパーフラット」理論の発案者であり、その代表作家でもある、⽇本の現代アート界を切り拓いてきたアーティスト「村上
隆」の作品《AND THEN Yellow (1999)》です。

販売開始の日程は、以下のスケジュールをご確認ください。

■作品情報
アーティスト名:村上隆
作品:AND THEN Yellow (1999)
【⽇本の現代アート界を切り拓いてきたアーティスト】

お申込みがまだの方はこちら

▼今後のスケジュール▼
2020年9月9日 追加作品公開
2020年9月16日19時30分 村上隆《AND THEN Yellow》販売開始

2020.09.03 STRAYM

新機能「SNSシェア機能」追加について

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

STRAYMの新機能としてアート画像のSNSシェア機能が追加されましたのでお知らせいたします。
アート詳細画面より、"Twitter/Facebook/LINE"へアートをシェアできるボタンが追加されております。
ぜひお気に入りのアートがございましたら、STRAYMの紹介と共にSNSへ投稿をお願いします。

引き続きSTRAYMを何卒よろしくお願いします。

2020.09.01 STRAYM

コロナ禍で開催することが出来なかった「女子美術大学付属高等学校・卒業制作展2019」の開催を実現!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

弊社は、コロナ禍での卒業制作展中止に伴い、女子美術大学付属高等学校を卒業できなかった“作品たち”を無事卒業させたい、卒業した学生たちには貴重な体験の場を提供したいとの想いから卒業制作展の当時の実行委員会の方々、2020年3月にご卒業なされた学生の方々へ支援させていただきます。 その上で、展示会場のご提供など複数の企業様からのご協力を賜り、この度の開催が決定しましたのでお知らせします。



【イベント概要】
■タイトル :女子美術大学付属高等学校卒業制作展2019「私の舟出 〜卒業できない作品たち〜」
■展示会スケジュール :2020年9月26日(土)〜10月4日(日)
■場所 :AOYAMA STUDIO 164・239 (東京都港区南青山2-5-17 ポーラ青山ビル2F)
■主催・運営 :女子美術大学付属高等学校卒業制作展2019 実行委員会
■後援 :女子美術大学付属高等学校・中学校
■協力 :株式会社ピーオーリアルエステート/株式会社ハート・アンド・アート
■支援/プロデュース :SMADONA株式会社


●女子美術大学付属高等学校卒業制作展2019
実行委員会委員長 南部梨央生よりご挨拶

私たちは、女子美術大学付属高等学校という大きな舟に乗っていました。そして卒業とともに様々な個々の舟に乗り出し 舵を切ろうとしていました。しかし、私たち女子美術大学付属高等学校2019年度卒業生はコロナ渦で卒業展を開催する が出来ず作品だけが5ヶ月もの間、卒業出来ないまま残されていました。当然、私たちの気持ちも取り残されたままでした。 このような状況は私たちだけじゃないことも理解しています。 この度、幸運にも、皆様のご協力、ご支援のお陰で、卒業出来なかった作品たちの卒業式ともなる卒業制作展を開催させていただく事が決まり、卒業生それぞれの「舟」で、私たちはようやく作品と共に高校を卒業し、新たなそれぞれの方向 に「舟出」し、「舵」を切り始めていけるはずです。 最後に「卒業できていない作品」と「舵を切り始めた私たち」のご支援をいただければと思います。

<支援金募集に関して>
ご支援をご検討頂ける方・企業様は下記アドレスまでメッセージをお送りいただけますと幸いです。
こちらより詳細をご返信申し上げます。
問い合わせ先:watashinohakobune2020@gmail.com


●後援/⼥⼦美術大学付属高等学校・中学校 校長よりご挨拶

このたび、【女子美術大学付属高等学校・卒業制作展2019「私の舟出」〜卒業できない作品たち〜】が開催の運びとな りました。これはこの春に卒業を迎えた2019年度卒業生達が自力で開催にこぎつけた卒業制作展です。 生徒は構想、制作に1年近くかけ、情熱を込めて全力で取り組んで参りましたが、2月下旬その作品の発表の場を、新型 コロナウイルス感染症のためあえなく奪われてしまいました。その後も学校は作品展示実現のため方策を模索しましたが 、長引くコロナ禍のため開催に至らず、6月に泣く泣く中止を決定いたしました。 しかし、2019年度卒業生は諦めませんでした。「何とか発表の場を」との⼀念であちこちに働きかけ、そしてその窮状 を知った救いの手が現れ、今、ここに開催の目途がつきました。本当に嬉しく、企画をして頂いたSMADONA様、会場を 提供していただいた「AOYAMA STUDIO 164・239」様に感謝し、また、校長としてここまで頑張った卒業生を誇りに思います。 しかし、先行きはまだまだ困難が予想されます。美術を志す18歳の若き女性作家の卵達へのご支援、ご協力を賜りたく、ここにお願い申し上げます。

女子美術大学付属高等学校・中学校校長 石川康子

2020.08.20 STRAYM

新機能「ログイン時の2段階認証」追加について

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

STRAYMの新機能としてログイン時の2段階認証(MFA認証)が追加されましたのでお知らせいたします。

2段階認証(MFA認証)とは、
STRAYMにログインするとき、2段階認証を有効にすることで通常のログイン方法に加えて、
MFAデバイスからの認証コードの入力が必要になりセキュリティを高めることができます。

MFAデバイスには、Google Authenticator(※1)を使用いたします。
※1 Google Authenticatorとは、Googleが開発した認証の仕組みです
スマートフォンにアプリをダウンロードする必要があります。

こちらの新機能は、通常無効となっておりますので、本機能をご利用される場合は、
ログイン後の、ユーザー設定画面より有効にすることができます、ぜひご確認ください。

引き続きSTRAYMを何卒よろしくお願いします。

2020.08.19 STRAYM

【STRAYM】本日19時半より追加取扱作品、販売開始!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日19時30分より、先日告知いたしました下記追加10作品目の販売が開始いたしますので、お知らせいたします。

■作品情報
アーティスト名:Christopher Wool
作品:INSOMNIAC(1989年)
【抽象主義を代表する最も重要な現代アーティストの一人】

2020.08.12 STRAYM

【STRAYM】本日19時半より追加取扱作品、販売開始!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日19時30分より、先日告知いたしました下記追加9作品目の販売が開始いたしますので、お知らせいたします。

■作品情報
アーティスト名:Sigmar Polke
作品:Preisvergleich(2001年)
【リヒターらと並び立つドイツ現代アート界の旗手】

また、10作品目の販売開始も現在準備中です。
アーティスト名:Christopher Wool
作品:INSOMNIAC(1989年)
【抽象主義を代表する最も重要な現代アーティストの一人】

こちらの販売開始は、
2020年8月19日 19:30 販売開始を予定しております。

2020.08.05 STRAYM

【LINEお友達限定】9&10作品目 取引手数料0円キャンペーン実施

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

先ほど告知いたしました9&10作品目の取り扱い決定に伴い、追加作品の購入にかかる手数料をキャッシュバックするキャンペーンを実施いたします。
なお、本キャンペーンは申込制となっており、キャンペーンへの申込フォームはSTRAYM公式LINEアカウントにてご案内しておりますので、
ぜひこの機会に公式LINEアカウントの友達登録をお願いいたします。

■キャンペーン概要
期間中、キャンペーンにお申込みいただいた方の対象作品の取引にかかる手数料を、
期間終了後に集計し、STRAYMのアカウントにキャッシュバックいたします。(要申込)

■キャンペーン期間
・キャンペーン申込受付期間:8月5日(水)~8月25日(火)23:59
・9作品目取引対象期間:8月12日(水)~8月18日(火)23:59
・10作品目取引対象期間:8月19日(水)~8月25日(火)23:59
・キャッシュバック実行:9月上旬

■キャンペーン対象作品情報
9作品目
アーティスト名:Sigmar Polke
作品:Preisvergleich(2001年)
【リヒターらと並び立つドイツ現代アート界の旗手】

10作品目
アーティスト名:Christopher Wool
作品:INSOMNIAC(1989年)
【抽象主義を代表する最も重要な現代アーティストの一人】

■キャンペーンへのお申込みはSTRAYM公式LINEアカウントにて案内
友達登録はこちら↓





■注意事項
・上記キャンペーン以外での、キャンペーン申込や、お取引は対象外となります。
・お取引の対象となる作品は、上記記載の2作品となります。
・対象となるお取引は、上記2作品のSTMの購入のみです。STM売却にかかる手数料は含みません。
・対象期間中に、"希望価格で注文"を行い、キャンペーン期間後に取引が成立した場合は、対象外となります。
・キャンペーン申込フォームに記載いただく情報と、STRAYMに登録の情報が一致せずアカウントが特定できない場合、対象外となることがございます。
・本キャンペーンにおける、お客様へのキャッシュバック金額につきましては個別にお問合せいただきましてもお答えできかねます。

2020.08.05 STRAYM

【STRAYM】追加取扱作品決定のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たに2作品の取り扱いが決定いたしました。

1作品目は、写真やアメリカンポップアートを制作に取り入れながら、トレードマークともなる網点(ドット)による作品、民話や神話から歴史に至るまで様々なテーマの作品を、実験的でありながらも、次々と新しい手法として開発してきた、リヒターらと並び立つドイツ現代アート界の旗手「Sigmar Polke」の作品《Preisvergleich》、

そして2作品目は、現在ニューヨークを拠点に活動中、今では白いキャンバスに大きな黒いステンシルの文字を描いた作品が最もよく知られている、実力・人気ともにトップクラスの生粋の現代アーティスト「Christopher Wool」の作品《INSOMNIAC》です。

販売開始の日程はそれぞれ作品で異なりますので、以下のスケジュールをご確認ください。

■作品情報
アーティスト名:Sigmar Polke
作品:Preisvergleich(2001年)
【リヒターらと並び立つドイツ現代アート界の旗手】

アーティスト名:Christopher Wool
作品:INSOMNIAC(1989年)
【実力・人気ともにトップクラスの生粋の現代アーティスト】

お申込みがまだの方はこちら

▼今後のスケジュール▼
2020年8月5日 追加作品公開
2020年8月12日 Sigmar Polke 《Preisvergleich》販売開始
2020年8月19日 Christopher Wool 《INSOMNIAC》販売開始

2020.07.29 STRAYM

【STRAYM】本日12時(正午)より追加取扱作品、販売開始!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日12時(正午)より、先日告知いたしました下記追加8作品目の販売が開始いたしますので、お知らせいたします。

■作品情報
アーティスト名:Richard Prince
作品:What We Lose in Flowers(2012年)
【情報過多の時代に楔を打ち続けるアーティスト】

2020.07.22 STRAYM

【STRAYM】一部アート情報の表記に誤りがあった件について

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
STRAYMで取り扱っておりますアートに関しまして、表記内容の一部に誤りがございました。
ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。
現在はすでに表記の修正が完了しており、これまで通りお取引していただくことが可能でございます。

■修正内容

アーティスト名:Andy Warhol
作品:The New Spirit Donald Duck
https://straym.com/art/6

分割総数(40,000STM ⇒ 40,050STM)
公開時作品価格(¥4,000,000 ⇒ ¥4,005,000)


アーティスト名:河村康輔
作品:Kate Moss Does It Better
https://straym.com/art/7

分割総数(3,000STM ⇒ 3,340STM)
公開時作品価格(¥300,000 ⇒ ¥334,000)

以上となります。
今後ともSTRAYMを何卒よろしくお願いいたします。

2020.07.22 STRAYM

【STRAYM】本日12時(正午)より追加取扱作品、販売開始!

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日12時(正午)より、先日告知いたしました下記追加7作品目の販売が開始いたしますので、お知らせいたします。

■作品情報
アーティスト名:河村 康輔
作品:Kate Moss Does It Better(2017年)
【コラージュアートで世界を席巻する日本人アーティスト】

また、8作品目の販売開始も現在準備中です。
アーティスト名:Richard Prince
作品:What We Lose in Flowers(2012年)
【情報過多の時代に楔を打ち続けるアーティスト】

こちらの販売開始は、
2020年7月29日 12:00 販売開始を予定しております。

2020.07.16 STRAYM

【STRAYM】追加取扱作品決定のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMにて新たに2作品の取り扱いが決定いたしました。

1作品目は、すでに取り扱いのある「河村 康輔」の作品《Kate Moss Does It Better》、

そして2作品目は、ファッション業界や他業種とのコラボも数多く実施しており、
ファッションではSupremeやルイ・ヴィトン/マーク・ジェイコブスとのコラボも記憶に新しい、
情報過多の時代に楔を打ち続けるアーティスト「Richard Prince」の作品《What We Lose in Flowers》です。

販売開始の日程はそれぞれ作品で異なりますので、以下のスケジュールをご確認ください。

■作品情報
アーティスト名:河村 康輔
作品:Kate Moss Does It Better(2017年)
【コラージュアートで世界を席巻する日本人アーティスト】

アーティスト名:Richard Prince
作品:What We Lose in Flowers(2012年)
【情報過多の時代に楔を打ち続けるアーティスト】

お申込みがまだの方はこちら

▼今後のスケジュール▼
2020年7月16日 追加作品公開
2020年7月22日 河村 康輔 《Kate Moss Does It Better》販売開始
2020年7月29日 Richard Prince 《What We Lose in Flowers》販売開始

2020.07.10 STRAYM

STRAYM公式LINEアカウントはじめました

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMの公式LINEアカウントをはじめましたのでお知らせいたします。

こちらのアカウントでは、STRAYMの追加作品情報やサービスアップデートなど、最新情報を発信していきますので、ぜひお友達登録をしていただければ幸いです。

■お友達登録はこちらから
https://lin.ee/329BAST

■QRコードでの登録はこちら



■各種SNSアカウントはこちら
Twitter
Instagram
Faceboook


今後ともSTRAYMをよろしくお願いいたします。

2020.07.06 STRAYM

アート詳細画面への「公開時の情報」追加について

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

7月2日(木)、STRAYMのアート詳細画面に「公開時の情報」を追加しましたことをお知らせいたします。
作品公開時の「作品価格」と「STM価格」の表示を追加したことにより、現在の価格との比較が容易になりました。

引き続きSTRAYMではお客様に使いやすいサービスを提供するべく改善に努めて参りますので、何卒よろしくお願いいたします。

2020.06.23 STRAYM

新機能「LINEアカウントでのログイン」追加について

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日6月23日(火)よりSTRAYMの新機能「LINEアカウントでのログイン」をリリースいたしましたことをお知らせいたします。
先日リリースいたしました、Googleアカウントでのログインに加え、
新たに「LINEアカウントでのログイン」が追加されました。
今後は、メールアドレスの他にFacebook・Google・LINEと様々アカウントを使用したログインが可能です。

すでにメールアドレスでご登録いただいているお客様に関しましては、
今後、同じメールアドレスを使用している各サービスアカウントでのログインも可能です、ぜひご利用いただければと思います。
※その際、アイコンの画像は各サービスで使用しているものとなりますのでお気をつけください。

今後ともSTRAYMをよろしくお願いいたします。

2020.06.05 STRAYM

新機能「ユーザー通知の一括既読機能」追加について

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日6月5日(金)にSTRAYMの新機能「ユーザー通知の一括既読機能」をリリースいたしましたことをお知らせします。

ユーザー通知とは、ログイン後の右上のベルのマークにて、お客様の注文が成立・取り消しとなった際や、弊社からのお知らせがある際などに通知するものでございます。

これまではその通知を一括で既読にする機能がございませんでしたので、お取引いただくたびに通知が届き、未読の通知が増えることで重要なお知らせを見逃してしまうということがございましたが、今後は、一括で既読にすることが可能となりました。また、未読の通知と既読の通知が色で分かるよう仕様も変更しております。

引き続きお客様にとって使いやすい機能を随時追加して参りますので、今後ともSTRAYMをよろしくお願いいたします。

2020.05.29 STRAYM

新機能「Googleアカウントでのログイン」追加について

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日5月29日(金)よりSTRAYMの新機能「Googleアカウントでのログイン」をリリースいたしましたことをお知らせいたします。
これまで、メールアドレスを使用したログイン、Facebookアカウントを使用したログインはございましたが、
そこに新たに「Googleアカウントでのログイン」が追加されました。

すでにGmailでご登録いただいているお客様に関しましては、
今後、Googleアカウントでのログインも可能です、ぜひご利用いただければと思います。

今後ともSTRAYMをよろしくお願いいたします。

2020.05.25 STRAYM

【STRAYM】FUNDINNOでの株式投資型クラウドファンディングに関して

いつも弊社サービスをご利用くださり心より感謝いたします。

我々は5月20日(水)19:30〜5月22日(金)23:59の間、
株式投資型クラウドファンディングに参加させていただいておりました。
おかげさまで、このような時期にもかかわらず、目標額の275%ものご支援を多くの投資家様から頂く事が出来ました。
投資家様から我々の事業内容をご評価頂けたこと、このようなメッセージをユーザー様にお伝え出来ている喜び、熱い思い、
それと同時に皆様から頂きましたご支援に責任を感じている次第です。
本当に心より感謝いたします。

また既に投資してくださった方々から熱いお言葉も頂戴しており、
その一言一言のエネルギーをこれからの力に変えていく所存です。
昨今の緊迫している世界情勢だけではなく、これからも天災・人災などは続いていくのでしょう。
そのような中で、アートには人の心を豊かにしてくれる力があると我々は信じております。
そしてビジネス的にはこれから早い段階でアート業界に限らず、価値観や産業構造の変革が起き、
今までなかったような価値が創造されていくのではないでしょうか。
そのような中で今回調達する資金を最大限に活用させていただき、更にスピート感をもって事業を進めてまいります。

あらためましてユーザー様におかれましては、いつも応援、ご支援していただき、本当に心より感謝いたします。
ユーザー様にとってより使いやすく、より愛されるサービスを今後も目指してまいります。
最後に我々が進める「アートの分割保有」というビジネススキームをもって、
日本を元気に、世界に新しい価値、存在意義を提供し、「人や社会の課題解決」を実行していきたいという目標がございます。
是非、皆様のお力をお貸し頂ければ幸いです。

SMADONA株式会社
代表取締役 長崎 幹広

2020.05.25 STRAYM

【STRAYM】追加取扱作品、販売開始のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

先日告知いたしました下記、追加作品の販売が開始いたしましたので、お知らせいたします。

アーティスト名:Andy Warhol
作品:THE NEW SPIRIT (DONALD DUCK)
【ポップアート界の歴史において最も中心的な人物】
→作品詳細はこちら

2020.05.22 STRAYM

【STRAYM】追加取扱作品、取引開始時間決定のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

先日、告知させていただきました6作品目となる取扱作品の追加について、
取引開始日時が決定いたしましたのでお知らせいたします。
2020年5月25日(月)12:00より取引開始となる予定でございます。

アーティスト名:Andy Warhol
作品:THE NEW SPIRIT (DONALD DUCK)
【ポップアート界の歴史において最も中心的な人物】

2020.05.15 STRAYM

【STRAYM】お申込、お問合せに関して

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

現在、多くのお申込とお問合せをいただいており、弊社の対応にお時間をいただいております。
ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、順次対応しておりますのでお待ちいただきますよう何卒よろしくお願いいたします。

2020.05.13 STRAYM

【STRAYM】株式投資型クラウドファンディングの開始のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、STRAYMを開発・運営するSMADONA株式会社(東京都渋谷区 代表取締役:長崎 幹広)は
株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、
2020年5月20日(水)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。

【当社プロジェクトページ】
https://fundinno.com/projects/131
※当社プロジェクトに参画していただくには、FUNDINNOにおいて口座登録が必要となりますこと予めご了承ください。

当社プロジェクトとクラウドファンディング実施目的について

一部の富裕層のものだったアートを大衆の手に広げ、日本のアート市場を伸ばす
SMADONA株式会社はアートプラットフォームのSTRAYMによってアート作品の価格を100円から分割保有できるように小口化し、
購入のハードルを大きく引き下げ、多くの作品が公開・売買される仕組みを整えることに成功しています。
この度、アート購入への変革、展示における公共化の推進など、アートの民主化と言える施策の実現を目指し、
2020年5月12日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたします。
弊社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げます。
募集期間は2020年5月20日~2020年5月22日、上限とする募集額は 35,000,000円(1口 10万、1人 5口まで)です。
※本件に関するお問い合わせはFUNDINNOにてお願いいたします。

ご興味ございましたら、ぜひ参画いただければ幸いです。
何卒よろしくお願いいたします。

2020.05.12 STRAYM

【STRAYM】追加取扱作品決定のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、6作品目となる取扱作品の追加が決定しましたのでお知らせいたします。
こちらは、2020年5月25日(月)より取引開始となる予定でございます。

アーティスト名:Andy Warhol
作品:THE NEW SPIRIT (DONALD DUCK)
【ポップアート界の歴史において最も中心的な人物】

お申込みがまだの方はこちら

2020.04.24 STRAYM

【STRAYM】「保有アート状況」ページのレイアウト変更のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

「保有アート状況」ページのレイアウトを変更いたしましたのでお知らせいたします。

今回の変更では、表示されている各項目の位置を調整、
各アートごとの保有しているSTMの総額が確認できる「保有STM額」を追加いたしました。

2020.04.15 STRAYM

【STRAYM】取引画面レイアウト変更のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

取引画面のレイアウトを変更いたしましたのでお知らせいたします。

今回の変更では、各項目の位置や文字サイズを見やすくなるように調整しました。
また、注文方法の名称が難しいとのお声をいただきましたので、「成行・指値」をそれぞれ「現在価格・希望価格(で購入/売却)」へ変更しました。

2020.04.08 STRAYM

【STRAYM】特典付きアンケート実施のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

会員様限定のアンケート企画を開催いたしますので、お知らせいたします。
今後のサービス向上の参考にさせていただきたく、ぜひご意見をお伺いできれば幸いでございます。

なお、回答いただいた方の中から、抽選で20名様にSTRAYMの取引口座に500円を付与させていただきます。

■アンケートフォーム
https://forms.gle/QrnTjSo8zs3SYhTB6

■アンケート期間
2020年4月8日~2020年4月24日23:59まで

■特典の発送時期
4月下旬を予定

■注意事項
・プレゼント対象者はSTRAYM会員様に限ります
・複数回、アンケートに回答いただきましてもプレゼントの当選確率が変わることはございません
・アンケートに記載いただくメールアドレスは必ずSTRAYMに登録のメールアドレスを記載ください
・プレゼントの抽選結果は、当選者へのメールをもって代えさせていただきます
個人情報の取り扱いについてはこちらをご確認ください。
https://straym.com/privacy_policyを追加

2020.04.06 STRAYM

【STRAYM】アート詳細画面に新機能追加のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日、アート詳細画面に新機能が追加されましたのでお知らせいたします。

アート詳細ページのOWNERSのアイコンから、そのオーナーが保有しているアート一覧を観ることができる機能を追加いたしました。
(保有STM数や残高などは表示されません)
なお、アート一覧の公開設定は、ログイン後の「ユーザー設定」より"公開/非公開"を設定いただけます。

2020.02.28 STRAYM

【STRAYM】プレ販売STM完売のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日より取扱を開始いたしました「レイモンド・ペティボン」の作品「Untitled」について、
お客様より大変ご好評いただき、プレ販売期間で予定しておりましたSTM数が完売となりましたことをお知らせいたします。

なお、今後は100円以上の価格にて弊社からは注文を出させていただきます。
(すでにご購入いただいた方により100円で売り注文が出る場合もあります。)

アーティスト名:Raymond Pettibon
作品:Untitled(1996年)
【タブーの象徴 アメリカ西海岸を代表するアーティスト】
→作品詳細はこちら

2020.02.28 STRAYM

【STRAYM】追加取扱作品、プレ販売開始のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日より、「レイモンド・ペティボン」の作品の販売を開始したことをお知らせいたします。
なお、先日告知いたしました通り、今回は2月28日~3月6日の1週間、プレ販売期間として、期間中は100円でオーナー権を購入いただけます。
(数に限りがございます、売り切れ次第終了となりますのでご了承ください。)
プレ販売期間以降は、100円以上の価格にて注文を出させていただきます。

アーティスト名:Raymond Pettibon
作品:Untitled(1996年)
【タブーの象徴 アメリカ西海岸を代表するアーティスト】
→作品詳細はこちら

お申込みがまだの方はこちら

2020.02.27 STRAYM

【STRAYM】追加取扱作品決定のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

昨今、「DIOR」や「Supreme」とのコラボレーションで話題をつくるなど、アメリカ⻄海岸を代表するアーティストであり、
タブーの象徴 「レイモンド・ペティボン」の作品の取り扱いが決定いたしましたのでお知らせいたします。
なお、今回は2月28日~3月6日の1週間、プレ販売とさせていただき、プレ販売期間中はオーナー権を100円でご購入いただけます。
(数に限りがございます、売り切れ次第終了となりますのでご了承ください。)

プレ販売期間以降は、100円以上の価格にて注文を出させていただきます。

アーティスト名:Raymond Pettibon
作品:Untitled(1996年)
【タブーの象徴 アメリカ西海岸を代表するアーティスト】
→作品詳細はこちら

お申込みがまだの方はこちら

▼今後のスケジュール▼
2020年2月27日 追加作品公開
2020年2月28日 追加作品プレ販売開始

2020.02.11 STRAYM

新機能「所有アート一覧」リリースのお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日2月11日(火)よりSTRAYMの新機能「所有アート一覧」をリリースいたしましたことをお知らせいたします。
「所有アート一覧」では、お客様が購入されたトークンのアートを一覧で確認することが可能となります。
それぞれのアート作品を拡大してみることもできますので、お客様だけのギャラリーとしてご利用ください。

また、ホームページのトップに、
トークンを所有されているオーナー様の特典について、
記載を追加しております。
ぜひご確認ください。
特典についてはこちら

今後ともSTRAYMをよろしくお願いいたします。

2020.01.16 STRAYM

新機能「マイページ」リリースのお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

本日1月16日(木)よりSTRAYMの新機能「マイページ」をリリースいたしましたことをお知らせいたします。
「マイページ」では、お客様の資産状況の確認が可能となります。
購入可能金額や、所有されているトークンの総額が表示され、アート資産の推移やその内訳をグラフで見ることができます。また、作品別に所有トークンの状況を確認でき「マイページ」からのお取引も可能となっております。
様々な情報が集約されているページとなっておりますのでぜひご活用ください。

今後ともSTRAYMをよろしくお願いいたします。

2020.01.02 STRAYM

定期システムメンテナンスのお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
2020年1月3日(金)より、毎日午前0:00~0:15の間、
システムメンテナンスを実施させていただきます。
※システムメンテナンス中はログインできません。
※ログイン中に、システムメンテンス時間となった場合は自動でログアウトいたします。
※上記時間は、当社の都合により予告なく延長する場合がございますのでご了承ください。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
今後ともSTRAYMをよろしくお願いいたします。

2020.01.01 STRAYM

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご高配を賜りまして、誠にありがとうございました。

昨年は、11月に弊社のサービス「STRAYM」をリリースし、Banksyをはじめとする3作品を公開することができ、12月には、さらに1作品追加することができました。
ひとえにお客様の日頃のご支援の賜物と深く感謝申し上げます。

今年は、十二支の最初となる子年、「STRAYM」も今年が1年目でございます。
このスタートの年が、飛躍の一年となりますよう努めて参ります。

皆様のご健康とご多幸を心より祈念するとともに、私共、SMADONAがご提供するサービスに変わらぬご愛顧を賜りますよう、全役職員を代表し、心から厚くお願い申し上げます。

令和2年1月1日
SMADONA株式会社
代表取締役/CEO 長崎幹広

2019.12.27 STRAYM

【重要】利用規約の変更について

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

2019年12月27日(金)にSTRAYMの利用規約を一部改訂いたしますので、
必ずご確認をお願いいたします。

■改定日
2019年12月27日(金)

■利用規約における主な改定内容
購入可能金額の有効期限について、
現在、最終取引もしくは最終の入出金から30日間としている箇所を、180日間に変更
それに伴い、事前の通知を170日後に変更

変更は以上となります。
引き続きSTRAYMをよろしくお願いいたします。

2019.12.25 STRAYM

追加取扱作品、取引開始のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

STRAYMにて先日告知いたしました追加作品のお取引が開始いたしましたので、お知らせいたします。

アーティスト名:河村康輔
作品:Untitled
【コラージュアートで世界を席巻する新時代の日本人アーティスト】
→作品詳細はこちら

お申込みがまだの方はこちら

2019.12.19 STRAYM

追加取扱作品決定のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

STRAYMにて取り扱う作品の追加が決定いたしましたので、お知らせいたします。

アーティスト名:河村康輔
作品:Untitled(2017年)
【コラージュアートで世界を席巻する新時代の日本人アーティスト】
→作品詳細はこちら

お申込みがまだの方はこちら

▼今後のスケジュール▼
2019年12月19日 追加作品公開
2019年12月25日 追加作品取引開始

2019.12.03 STRAYM

取引開始のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

大変お待たせしておりました、本日よりお取引が開始となりましたのでお知らせいたします。

お申込みがまだの方はこちら
すでにお申込み済みの方はこちらからログイン
現在公開中の作品はこちら

アーティスト名:Banksy
作品:Rude Copper(2003年)
【神出鬼没な仕掛けで世界中の人々を熱狂させる覆面アーティスト】
→作品詳細はこちら

アーティスト名:KAWS
作品:Untitled(1999年)
【ストリートカルチャーを超越して美術史を塗り替えたアーティスト】
→作品詳細はこちら

アーティスト名:Wolfgang Tillmans
作品:"Atair"(2006年)
【現代欧州の最も重要な写真家の一人】
→作品詳細はこちら

2019.11.17 STRAYM

取引開始日決定のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

大変お待たせしております、取引開始日が決定いたしましたので
お知らせいたします。

取引開始日:2019年12月3日(火)

取引が開始となりますと、お客様のマイページにてご入金先の口座情報が確認いただけますので、
そちらにご入金後、お取引いただけます。
※ご入金の反映には、1営業日ほどお時間をいただいております。

お申込みがまだの方はこちらからお申込みいただけます。
現在公開されている作品はこちらからご確認いただけます。

アーティスト名:Banksy
作品:Rude Copper(2003年)
【神出鬼没な仕掛けで世界中の人々を熱狂させる覆面アーティスト】
→作品詳細はこちら

アーティスト名:KAWS
作品:Untitled(1999年)
【ストリートカルチャーを超越して美術史を塗り替えたアーティスト】
→作品詳細はこちら

アーティスト名:Wolfgang Tillmans
作品:"Atair"(2006年)
【現代欧州の最も重要な写真家の一人】
→作品詳細はこちら

▼今後のスケジュール▼
2019年11月27日(水)お取引開始日決定のお知らせ
2019年12月3日(火)お取引開始

2019.10.31 STRAYM

事前登録開始のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

初回公開作品の3作品販売に向け事前登録を開始いたしましたので、お知らせいたします。
→お申込みはこちら



※画像は開発中のものになります。


また、現在公開されている作品はこちらからご確認いただけます。
アーティスト名:Banksy
作品:Rude Copper(2003年)
【神出鬼没な仕掛けで世界中の人々を熱狂させる覆面アーティスト】
→作品詳細はこちら

アーティスト名:KAWS
作品:Untitled(1999年)
【ストリートカルチャーを超越して美術史を塗り替えたアーティスト】
→作品詳細はこちら

アーティスト名:Wolfgang Tillmans
作品:"Atair"(2006年)
【現代欧州の最も重要な写真家の一人】
→作品詳細はこちら

取引開始までもうしばらくお待ちください。

▼今後のスケジュール▼
2019年10月24日(木)初回作品公開
2019年10月31日(木)事前登録受付開始
2019年11月中旬 お取引開始

2019.10.24 STRAYM

初回取扱作品決定のお知らせ

平素はSTRAYMをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

STRAYMにて取り扱う初回の3作品が決定いたしましたので、お知らせいたします。

アーティスト名:Banksy
作品:Rude Copper(2003年)
【神出鬼没な仕掛けで世界中の人々を熱狂させる覆面アーティスト】
→作品詳細はこちら

アーティスト名:KAWS
作品:Untitled(1999年)
【ストリートカルチャーを超越して美術史を塗り替えたアーティスト】
→作品詳細はこちら

アーティスト名:Wolfgang Tillmans
作品:"Atair"(2006年)
【現代欧州の最も重要な写真家の一人】
→作品詳細はこちら

口座開設受付開始までもうしばらくお待ちください。

▼今後のスケジュール▼
2019年10月24日(木) 初回作品公開
2019年11月初旬 事前口座申込受付開始
2019年11月上旬 お取引開始

CATEGORY