KAWSUntitled

  • ドローイング(原画),1999
    プリント/アクリルガッシュ
    24.5×19.5 cm
    ED.1(1点もの)
    右下にサイン
    額装

    Provenance
    Private Collection

DESCRIPTION作品説明

  • ARTISTアーティスト情報
  • ARTWORK作品情報
  • MEDIAメディア
ARTISTアーティスト情報

KAWS

エキシビション:
Galerie Perrotin(パリ)、フォートワース現代美術館(テキサス)
アルドリッチ現代美術館(リッジフィールド)、The Rosenblum Collection(パリ)
オハイオ現代美術館(オハイオ)、ハイ美術館(アトランタ)
余徳耀美術館(上海)、ヨークシャー彫刻公園(ヨークシャー) etc...

最高落札価格作品:
「THE KAWS ALBUM」(2005)
101.6 x 101.6 cm
落札価格:約16億4700万円(115,966,000 香港ドル ),Sotheby’s 香港,2019
Estimate :約8,464〜1億1,285万円(6,000,000 — 8,000,000 香港ドル )

ストリートカルチャーから美術史を塗り替えたアーティスト

1974年、ニュージャージー生まれ。1990年代初頭にNYへ移ったあと、グラフィティ活動をはじめる。バスの待合所や公衆電話ボックスに設置されたビルボード広告に両目が「XX」になったキャラクターをゲリラ的にペイントしたストリートアートは探され盗まれるほどの人気となる。

日本のストリートカルチャーにも深く関わりもち、1999年、日本のアパレルブランド「HECTIC」と「Bounty Hunter 」によって「COMPANION」というタイトルの立体作品を初リリース。その後、「COMPANION」はフィギュアだけでなく、巨大なスカルプチャー作品として世界中に展示される。

アート・トイの成功によりファッション業界で注目を集め、「A BATHING APE BAPE」「NIKE」「COMME des GARÇONS」「SUPREME」「UNIQLO」「Dior」といった人気ブランドとコラボレーションを展開。UNIQLOとのコラボTシャツでは、オンライン販売が即完売し確保できなかった人たちが店頭に押し寄せ暴動になるなどカルト的な人気を誇る。

2010年代後半からアート界から注目を集め、マーケットで急激に価格が高騰しはじめた。2019年4月、Sotheby’s香港で開催されたオークションでは、予想価格の約20倍である約16億4700万円(115,966,000 HKD )で落札するなど、その価値は年々上昇している。

昨今、キース・ヘリングのようなグラフィティ・シーンや、アンディ・ウォーホルのようなポップ・アーティストと同じ文脈として語られ、KAWSのペインティングやドローイングまたスカルプチャーが、様々な美術館やアートギャラリーで展示され、世界的にその名が知られている。

出典: https://hypebeast.com

close
ARTWORK作品情報

Untitled

1999年に制作された「スターウォーズ」のC-3POの上に、KAWSのシグネチャー である「COMPANION(コンパニオン)」が描かれています。「STRAYM」でしか 入手することができない貴重な1点ものの作品です。

close
MEDIAメディア

KAWSがBlack Lives Matter運動の支援を目的としたプロダクトをリリース 売り上げの全額を支援団体に寄付

KAWSがBlack Lives Matter運動の支援を目的としたプロダクトをリリース 売り上げの全額を支援団体に寄付

https://hypebeast.com/jp/2020/6/kaws-take-companion-bff-release-black-lives-matter-info (外部サイト)2020.6.9

https://hypebeast.com/jp/2020/6/kaws-take-companion-bff-release-black-lives-matter-info (外部サイト)2020.6.9

数多くのアーティストやブランドによるBlack Lives Matter運動支援のアクションが活発化する現状。KAWS(カウズ)もチャリティーを目的としたプロダクトのリリースを行う。

数多くのアーティストやブランドによるBlack Lives Matter運動支援のアクションが活発化する現状。KAWS(カウズ)もチャリティーを目的としたプロダクトのリリースを行う。

KAWSが"××"のモノグラム柄ティーポットを発売、1000個のみ販売のリミテッドプロダクト

KAWSが"××"のモノグラム柄ティーポットを発売、1000個のみ販売のリミテッドプロダクト

https://hypebeast.com/jp/2020/5/kaws-xx-monogram-teapot-allrightsreserved (外部サイト)2020.5.24

https://hypebeast.com/jp/2020/5/kaws-xx-monogram-teapot-allrightsreserved (外部サイト)2020.5.24

KAWS(カウズ)が、長年のコラボパートナーである香港を拠点としたクリエイティブスタジオ「AllRightsReserved(オールライツリザーブド)」とチームアップし、ティーポットを発売する。「AllRightsReserved」は2019年に静岡県富士宮市の『ふもとっぱらキャンプ場』で開催された“KAWS:HOLIDAY(カウズ:ホリデイ)”も手がけている。

KAWS(カウズ)が、長年のコラボパートナーである香港を拠点としたクリエイティブスタジオ「AllRightsReserved(オールライツリザーブド)」とチームアップし、ティーポットを発売する。「AllRightsReserved」は2019年に静岡県富士宮市の『ふもとっぱらキャンプ場』で開催された“KAWS:HOLIDAY(カウズ:ホリデイ)”も手がけている。

KAWSが慈善団体を支援するために限定版プリントをリリース 子供たちへの支援のために「Free Arts NYC」とチームアップ

KAWSが慈善団体を支援するために限定版プリントをリリース 子供たちへの支援のために「Free Arts NYC」とチームアップ

https://hypebeast.com/jp/2020/4/kaws-shaped-prints-freeartsnyc-charity-editions (外部サイト)2020.4.13

https://hypebeast.com/jp/2020/4/kaws-shaped-prints-freeartsnyc-charity-editions (外部サイト)2020.4.13

KAWS(カウズ)が非営利団体 「Free Arts NYC(フリーアーツ NYC)」と協力して、慈善団体を支援するために限定版プリントのシリーズをリリースしていることが明らかになった

KAWS(カウズ)が非営利団体 「Free Arts NYC(フリーアーツ NYC)」と協力して、慈善団体を支援するために限定版プリントのシリーズをリリースしていることが明らかになった

ARが切り開く新たなアートの在り方 KAWSの作品をいつでも、誰でも楽しむことができるアプリが登場

ARが切り開く新たなアートの在り方 KAWSの作品をいつでも、誰でも楽しむことができるアプリが登場

https://news.yahoo.co.jp/articles/7bea2fae80ddc6389f8027cd3e3f867a3946e40d (外部サイト)2020.3.16

https://news.yahoo.co.jp/articles/7bea2fae80ddc6389f8027cd3e3f867a3946e40d (外部サイト)2020.3.16

アメリカ・ニューヨークのアーティスト・KAWS(カウズ)さんが、バーチャル空間のアートプラットフォームを制作するAcute Artと共同で『EXPANDED HOLIDAY』と題したARアートをリリースした。

アメリカ・ニューヨークのアーティスト・KAWS(カウズ)さんが、バーチャル空間のアートプラットフォームを制作するAcute Artと共同で『EXPANDED HOLIDAY』と題したARアートをリリースした。

【美術解説】KAWS(カウズ)「目がバッテン×のキャラで人気のアーティスト」

【美術解説】KAWS(カウズ)「目がバッテン×のキャラで人気のアーティスト」

https://www.artpedia.asia/kaws/ (外部サイト)2019.6.4

https://www.artpedia.asia/kaws/ (外部サイト)2019.6.4

<カウズ/KAWS ストリート・ファッションとアートの融合>ブライアン・ドネリー(1974年11月4日生まれ)、通称「KAWS」は、ニューヨークを基盤にして活動している画家、グラフィック・デザイナー、彫刻家、トイ作家、ファッションデザイナー、ストリート・アーティスト。 KAWSの作品では目がバッテンが特徴のキャラクター「コンパニオン」をはじめ、同じ具象的なキャラクターやモチーフが繰り返し使われる。

<カウズ/KAWS ストリート・ファッションとアートの融合>ブライアン・ドネリー(1974年11月4日生まれ)、通称「KAWS」は、ニューヨークを基盤にして活動している画家、グラフィック・デザイナー、彫刻家、トイ作家、ファッションデザイナー、ストリート・アーティスト。 KAWSの作品では目がバッテンが特徴のキャラクター「コンパニオン」をはじめ、同じ具象的なキャラクターやモチーフが繰り返し使われる。

上記のメディア情報につきましては、
外部サイトを出典元としております。
当社はその正確性、完全性、有用性等、
一切の保証をしません。
お取引の最終決定は、お客様ご自身の判断で
なさるようにお願いいたします。

close