松浦浩之 朱雀見参図

松浦浩之 朱雀見参図

  • 作品 | 現在価格 + 6%
    公開スタート価格からの増減
    を表します。
    ¥265,000
    作品 | 公開価格
    ¥250,000
  • オーナー権 | 総数
    2,500  枠
    枠とはアート作品の共同数を表す単位です。
    オーナー権 | 公開価格
    ¥100
    公開時の単価になります。
  • オーナー権 | 現在価格 + 6%
    公開スタート価格からの増減
    を表します。
    ¥106
  • 販売開始日
    2022/05/13
    公開率
    100%
    出品者が公開しているオーナー権の比率になります
  • 2019
    浮世絵木版
    S. 29.4 x 41.5 cm
    ED.120

    Provenance
    Private Collection

  • 朱雀見参図

    本作品は戦国武将のような勇ましさを感じる作品。
    着地した瞬間のような低い重心の姿勢をローアングルから描かれており躍動感が感じられ、ギラギラとした目をしながら右手で刀を握り、左足の包帯に血を滲ませながらも立ち向かわんとする姿には凛々しさがある。

Top 10 Owners
OWMERSHIP RATE
各作品の保有率別の色
アカウントの枠色は
オーナー証明書の保有率を表しています。
  • 51~100%
  • 31~50%
  • 11~30%
  • ~10%

...and more

ARTISTアーティスト情報

松浦浩之

出典: https://prtimes.jp/

日本の漫画を芸術表現としての定着を目指す村上隆も認めた現代アーティスト
1964 年東京生まれ。
松浦の作品には多彩なキャラクターが次々と登場し、浮世絵にも通じる躍動感溢れる大胆な構図で琳派のような装飾的な日本画の様式が取り入れられることが特徴の一つだ。
1999年に現代アート作品の制作を開始。2005 年に東京画廊で個展『Super Acrylic Skin』を開催。
以降、絵画・立体・版画など作品の形式を広げながら、国内外での作家活動の場を広げている。
2017年オランダの「Volkenkund Museum(ライデン)」と「Tropen Museum(アムステルダム)」で開催された展覧会『Cool Japan: World Fascination in Focus』では高さ4メートルの大作<Uki-uki>(2012)を出品し同展はその後ベルギーの「Museum aan de Stroom(アントワープ)」でも好評を納めた。
松浦は、二次元の日本画から進化した、今や時代を象徴するような文化となり、世界にも認知されるようになった日本の漫画が50年後、100年後の芸術表現として定着することを信じ現代アートの創作に取り組んでいる。

+ 続きを読む
ー 閉じる

エキシビション:
Tokyo Gallery+BTAP(東京)
誠品画廊(台北)
六本木ヒルズA/Dギャラリー(東京)
MIRAI projects(スウェーデン)
Canvas International Art(オランダ)
etc...

出典: https://prtimes.jp/

TRADING INFOMATION取引情報

+ 開く

松浦浩之

朱雀見参図

  • 現在価格で購入
  • 希望価格で購入

オーナー権現在価格

¥0

数量

概算

¥0

※取引手数料5%が含まれています。

取引情報
買いオファー数(割合) 価格 売りオファー数(割合)
注文内容を確認してください
作品
:

松浦浩之
朱雀見参図

区分
:

-

注文数量
:

0

注文内容
:
注文期限
:

-

※現在価格で注文のため、オファー状況により上記価格から変動する可能性がございます。
注文が完了しました
閉じる

松浦浩之

朱雀見参図

  • 現在価格で売却
  • 希望価格で売却

オーナー権現在価格

¥0

数量

概算

¥0

※取引手数料5%が含まれています。

取引情報
売りオファー数 価格 買いオファー数
注文内容を確認してください
作品
:

松浦浩之
朱雀見参図

区分
:

-

注文数量
:

0

注文内容
:
注文期限
:

-

※現在価格で注文のため、オファー状況により上記価格から変動する可能性がございます。
注文が完了しました
閉じる